体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

毎週火金限定!「土佐清水ワールド 生けすセンター」の清水サバが新鮮すぎた【兵庫】

f:id:mesitsu_lc:20170911180313j:plain

土佐清水から生きたまま直送される清水サバ

こんにちは。メシ通レポーターの西尾明彦です。今回ご紹介するのは、店内にある大きな生けすから、さばきたての清水サバや、土佐清水市から直送された新鮮な食材や高知のお酒が楽しめる、「土佐清水ワールド 生けすセンター」です。

f:id:mesitsu_lc:20170911181033j:plain

こちらが外観。神戸に4店ある「土佐清水ワールド」で最大の150席、旗艦店です。各線三宮駅から徒歩3分圏内です。

f:id:mesitsu_lc:20170911175839j:plain

入店すると、いきなり目にとびこんでくるのが、カウンターの上に鎮座する、大きな水槽です。清水サバが元気よく泳いでいます。定期的に水質チェックしているそうで、見るからに水もきれいです。

「毎週火曜日と金曜日に土佐清水市から神戸まで、活魚車で6時間以上かけて清水サバを生きたまま運んでくるのです」と、広報の梶原さん。

さっそくお料理をいただきましょう。

……と、テーブル上に気になるものが。

f:id:mesitsu_lc:20170911180525j:plain

「うちのお店は土佐清水市と結びつきが強いのです。神戸の方が、土佐清水市についてどう感じているのか知りたいとのことで、お客様にアンケートにご協力いただいています」

f:id:mesitsu_lc:20170911180342j:plain

さっそく登場しました! 看板メニューの「活泳ぎ清水さば 姿造り」(1尾 4,298円/会員価格 3,758円)です。

f:id:mesitsu_lc:20170911180452j:plain

さばきたての新鮮なサバ。腹側(右)と背側(左)を食べ比べてみると分かりますが、部位によって脂ノリや歯応えが異なり、それぞれのおいしさが楽しめます。

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。