ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

バレエ/ヴォーカル・グループ「・POINT」(ポイント)が、【Amazon Fashion Week Tokyo】でパフォーマンス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
バレエ/ヴォーカル・グループ「・POINT」(ポイント)が、【Amazon Fashion Week Tokyo】でパフォーマンス

 バレエ&ヴォーカル・ユニット「・POINT」(ポイント)が、10月20日に【Amazon Fashion Week Tokyo】でパフォーマンスを行った。

・POINT パフォーマンス写真(全6枚)

 ・POINTは、クラシック・バレエを修得した4人のメンバーが、ビートとグルーヴを持ったダンスミュージック・サウンドに乗せて歌い踊るグループ。歴史的な名作や伝統文化のトリビュートとデジタル技術を多用し、新しい表現を追求している。

 本イベントでは、衣装をYUMA KOSHINO(小篠ゆま)がプロデュース。また「zenballet revolution」と名付けられ、西洋の極みであるクラシック・バレエと和の思想文化を交差させ、女性の「美」を表現するスペシャル・エクスペリエンス・ショーとして実現した。

 ショーは、2階通路と3F東デッキの2か所で開催。まず、2階通路ではラベル「ボレロ」に乗せてエスカレーターを下りながら登場。Amazon Fashion Week Tokyoの映像が流れるスクリーンの前で、四つ打ちとFuture Bassやダブ・ステップなどのサウンドを盛り込んだ、新曲「WA」を披露した。10分にわたる大曲を、軽快さと重厚さ、そしてクライマックスの開放的な盛り上がりまでしっかり歌い踊り、多くの人がバレエの美しい身体の動きと華やかな衣装に足を止めた。

 続く3階東デッキ特設会場では、最新テクノロジーを駆使した映像や照明演出を用いたライブを開催。プロジェクション・マッピングやタッチ・デザイナー、LED蛍光灯やリップル・ライトなどが、古き良き和のテイストと近未来感をミックスさせた「・POINT」のダンスと歌を盛り上げた。ファッションデザイナー小篠ゆまと音楽プロデューサー浅田祐介によるレーベル「Blind Spot」の楽曲を織り交ぜつつ、オリジナル楽曲「Bad Toes(Batou)」「新曲(タイトル未定)」と和要素の強いダンスミュージック2曲を披露、さらに10月18日より配信を開始した新曲「Randomize Me」も披露された。約100年前に未来を描いたバレエ作品「La Chatte」(牝猫)をモチーフに、現代的な設定、AIが人間に恋をするというユニークなテーマを歌う「Randomize Me」は、Spotifyが選ぶ期待の新人アーティストを収録したプレイリストにも選曲されている。この日も、全身の無駄な動きを一切排した4人のダンスとヴォーカルが、これから起こる未来においてのエモーションを体感させる力の込められたパフォーマンスとなった。ラストは、禅や能の世界をモチーフとしたダンスポップ曲「MAIHANA-舞花-」を披露、コレクションショーの緊張感とライブの盛り上がりが重なった締めくくりを迎えた。バレリーナらしくレヴェランスで締めた後は、ステージ上に小篠ゆまを招き、大きな拍手とともにイベントは幕を閉じた。

 ユニークな世界観、美しい身体表現を持つ「・POINT」の今後の活動は、音楽、ダンス、ファッション、アート、テクノロジー、様々な分野とのコラボレーションを行った新しいバレエ・アートを発信してゆく。本物の技術とアイデンティティを持って新しい表現に挑戦する4人に注目したい。

関連記事リンク(外部サイト)

故ジョージ・マイケルのドキュメンタリー制作秘話をマネージャーが明かす
DJダイノジによるアドリブトーク番組形式のSpotifyプレイリスト公開
ミスiD蒼波純主演映画『永遠の少女』主題歌に泉まくら書き下ろし楽曲

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。