体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランス人に聞く日本で働く・暮らすって?「日本人の”建前”という概念が分かりません」

フランス人に聞く日本で働く・暮らすって?「日本人の”建前”という概念が分かりません」 アイキャッチ_Cloe01

外国人に聞く「日本で働く・暮らす」第2弾。今回は、日本在住歴1年のフランス人「Cloe(クロエ)」さんに取材してみました。

Cloe01

日本人に受け入れられるために、頑張り過ぎてはいけない

――あなたが日本で経験したバイトはどういったものでしたか?

当時は交換留学生ということもあり、働ける時間は限られていたり、新しい仕事を始める時は大学に知らせる必要があったりなど、制限はいろいろありましたが、日本ではいろいろなバイトをやりました。学校の語学の授業のアシスタントやコンビニでも働きましたね。一番面白くてハードだったのは、4日間の短期バイトでしたね。

それは、国際医学コンベンションでの仕事です。英語と日本語が話せる学生を…とのことで連絡をもらい、お仕事を受けました。

仕事は世界中から来日した有名な博士や教授に挨拶をし、バッジ、ガイドブック、ウェルカムキットを渡すことでした。コンベンション内のご案内もしましたね。

――そのバイトのやりがいや、最も楽しかったエピソード・辛かったエピソードを教えてください。またそれが現在のキャリアに役立っている点はありますか。

ガイドとして来客対応するのは本当に難しかったですね。質問を受けて1秒以上考えていると、上司が走り寄って来て自分で対応してしまうんです。私は自分が信用されていないようで、何度もフラストレーションを感じました。実際はほとんど質問に答えられるのに、ですよ。

それが3日目には上司は黙って頷いて、私1人に任せてくれるようになったんです。もう最高の達成感でした!ここから自分に自信がついたように思えます。

この体験は子供や十代の若者相手のランゲージアシスタントの仕事でもすごく役立ちました。自信なく話していては、先生として信用してもらえないですもんね。

――上司や同僚はどんな存在でどう付き合っていましたか?

上司はとてもテキパキとした女性で、どんな問題でも解決できそうな人でした。いつもあちこち走っていって来客におじぎをして、迅速に対応していました。私達がちょっとでも気を抜くとプレッシャーをかけられましたね(笑)

一緒に働いていた同僚は主婦と交換留学生がほとんどで、私はもう1人の交換留学生と留学経験のある日本人学生と一緒に外国人受付を担当しました。私達3人はとても気が合って、休憩時間も楽しく過ごすことができました。

――日本のバイトで一番驚いた日本人の行動・考え方は何ですか。

イベント期間中はたくさんのお客様から質問を受けるんですが、その中の日本人のお客様、ほんの数人ですが怖かったです。私達の顔をみるなり立ち去ってしまうんですが、最初は自分たちの対応が未熟なせいかなと思っていました。でも段々そうじゃないことが分かりました。

彼らは他のブースの日本人の女の子に同じ質問をして、私達の文句を言うのです。日本人の同僚は私達に謝罪をして、同じ日本人がこんな扱いをするなんて…と、ショックを受けていましたね。大抵の人はそんなことありませんが、お客様が私達の顔を見て気まずい感じで「あれ…」と言うことはよくありました。

――自らの経験を踏まえ、仮に、あなたの友人が来日し、日本の企業で働くことになったとしたら、どんなアドバイスをしますか?

準備をしっかりしてくる事、それから一番大切なのは「日本人になろう」と頑張り過ぎないことです。私も最初は、日本人の同僚や大学のサークルで自分を認めてもらえるように出来る限り何でもしました。

でも、結局はいつも外国人として見られるんです。例え日本語のレベルが高くても、日本文化をよく理解していたとしても、自分がよそ者とされる事実を受け入れることが大切だと思います。

フランスの職場の上下関係は、日本ほど厳しくない

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。