体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズ現地ルポ/オランダ

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ
(C)sweetsholic

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ
(C)sweetsholic

かわいらしい街並みに心ときめく、オランダの首都アムステルダム。どこを切り取っても絵になる、とても美しい都市です。トラムや徒歩でめぐるのもいいけれど、市内を流れる世界遺産の運河を船でめぐるクルージングも、外せないアトラクションのひとつです。

今回はアムステルダムに本社のあるブッキング・ドットコムのプライベートクルーズに乗船、その様子を現地レポートします。

400年の歴史を伝える運河のマメ知識

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ
(C)sweetsholic

クルーズの様子をお伝えする前に、当地の運河の歴史について、少し勉強しておきましょう。

17世紀はじめのことです。オランダでは、世界初の株式会社とされるオランダ東インド会社(VOC)に続き、こちらも世界初となる証券取引所を設立。アムステルダムはこのとき、海洋貿易と金融業で大成功を収めます。

運河を取り入れた400年の歴史を誇る環状運河(カナル・リング)エリアは、当時としては世界最大級の都市計画として開発されました。主に17〜18世紀にかけて建てられた運河沿いの建物の多くは、記念建造物として当時の面影を今に伝えています。

世界一効率の良い水路システムを誇る街として、当時の世界の湾岸都市のモデルとなったアムステルダム。そんな黄金時代を象徴するアムステルダムの運河は、2010年に「アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域」として、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ
(C)sweetsholic

それでは早速、プリンセングラハト運河沿いに停泊中のボートへ。クルージングを楽しむことにしましょう。

アムステルダムの観光名所をまわります!

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ
(C)sweetsholic

当日はあいにくの曇り空で少し寒かったのですが、船から眺めるキュートな家並みにテンションが上がります!

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ
(C)sweetsholic

ミートボールをカリッと揚げたオランダの定番おつまみ「ビターバレン」など揚げ物の盛り合わせとサンドイッチ、オランダのビール「ハイネケン」で乾杯。

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ
(C)sweetsholic

ハウスボートが見えてきました。ハウスボートというのは、住宅として使われている船のこと。なかには「プリンセンボート」のように、宿泊施設として開放されているものも!

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。