体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユーザー目線の評価は重要!漫画買取ショップの評判は?

漫画大好きな方は、次々と部屋の空間を漫画で埋められていくのではないでしょうか。
もはや、お馴染みかと思いますが、古本、とりわけ漫画は買取店が多数あり、読み終えては漫画を買取に出し、また新刊の漫画や中古漫画を買う方も多く、その漫画のサイクルはすでに確立されたものと言えます。
ですが、現在はネットを窓口とした漫画買取店も非常に活況で、漫画で評判を集めるのも大変な状態です。
今回は、その漫画買取店の評判・評価をまとめていますので、是非漫画の査定店を評判で選ぶときの役に立てください。
漫画を評判の良い店舗で売ろうと考えている方も、評判をとにかく知りたいという方は、ご一読お願いします!

漫画買取の事情


Photo byhiroaki maeda

歴史

古本・中古漫画の買取と販売を全国に展開し、評価と、その名を不動のものにしたブックオフは1991年に創業されました。そのブックオフも、ブックオフオンラインとして2007年にインターネットを窓口として郵送による漫画などの買取を始めました。この時期は多くの漫画取扱の小売店・買取店がインターネットでの取引に乗り出した時期でもあります。
この時期からインターネット、そしてスマートフォンは成熟した時期となり、ネットを介した漫画、漫画以外の買取も当たり前のようになり、その市場規模は漫画に止まらず大きく膨らみました。
同時に、店舗数が多いため評判をチェックするだけでも非常にたくさんの評判サイトをチェックしなければいけなくなったりと、評判を調べるだけでも大変な時間を要するようになりました。

ネット営業

ネットでの営業というのは郵送での買取と切り離すことができないものです。漫画などの商品を梱包し、店舗に漫画を郵送、そして査定された漫画などの商品のお金を銀行口座に入れてもらうという流れです。そこに梱包材の無料サービスや、配送料の無料化、口座入金手数料の無料化など他店との差別化を図るようなサービスが出てきました。郵送での買取は、漫画に限らず、実体像を見ることが意外に難しく(店頭買取であれば全て可視化できるといえます)、そのサービスの全貌、評判は使ってみないとわからないところがあります。
今回はその中身と評価をみてもらう漫画に限らず、買取情報などの評価を集めましたので、ぜひ参考にしてください。

買取店の評判


ブックオフオンライン

その知名度、評判ともに王者のブックオフです。店頭の漫画買取はもちろん、「宅本便」として郵送でも漫画の買取を行っています。
他の漫画取り扱い店とも共通するところがありますので、簡単にご説明しますと、ネットで氏名・住所、集荷希望日などを入力し、漫画をダンボールなどに梱包します。
そして、漫画などの商品が集荷され店舗に着き次第査定され、その額で承認すれば口座入金となります。
キャンセル(一部・または全部返却)の場合は返送料自己負担での返送となります。

1 2 3 4次のページ
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会