体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空中の三次元ダンス!世界インドアスカイダイビング選手権の妙技

空中の三次元ダンス!世界インドアスカイダイビング選手権の妙技

 見よこの妙技!2017年10月19日から22日まで、カナダのモントリオールで開かれた、第2回世界インドアスカイダイビング選手権でのひとコマです。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 インドアスカイダイビングとは、文字どおり屋内で行うスカイダイビングこのこと。「ウインドトンネル」という、下から風を送る円筒形の施設の中に入って、スカイダイビングのパラシュートを開く前までの降下状態をシミュレーションするものです。

 実際のスカイダイビングでは「ドロップゾーン」と呼ばれるスカイダイビング用の場所で、飛行機やヘリコプターに乗って上空に上がり……と、非常にお金も手間もかかり、場所も限られてしまいます。もちろん、天候が悪ければできませんし、パラシュートを開くために、何回も空と地上を往復する訳にはいきません。

 ところが、インドアスカイダイビングでは、地上、それも屋内の施設で行うために天候に左右されず、パラシュートも必要としません。もちろん、飛行機やヘリコプターで上空に上がる必要もなく、手軽にスカイダイビング体験ができます。特に降下中に様々な動きをする「空のダンス」フリースタイルダイビングの練習には最適です。

 いまやインドアスカイダイビングは「スカイダイビングの練習」にとどまらず、独立したジャンルのスポーツとしても楽しまれています。そこで2016年、FAI(国際航空連盟)公認の世界選手権が初めて開催され、今年第2回の大会がカナダ・モントリオールで開かれた、という訳です。

 とにかく、その妙技の一部をご覧いただきましょう。ソロ・フリースタイルのチャンピオン、レオニード・ヴォルコフ選手(ロシア)は、ダイナミックでキレのある動きが特徴。

レオニード・ヴォルコフ選手(ロシア)→https://twitter.com/airsports_fai/status/921732513571180545


Leonid Volkov is an artist, not a skydiver! Amazing performance from him just now at #WISC2017 pic.twitter.com/XgkIJwubaD

— FAI (@airsports_fai) 2017年10月21日

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会