体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レストランで出された料理が見本とかなり違っていたら!? 3つのタイプで分かるうつ傾向チェック

120418ryouri.jpg

イラッとした時、あなたはどう対処しますか?
対処の方法で、あなたにうつ傾向があるかどうかが分かります。
まずは、次のテストをしてみてください。
レストランで出された料理が、見本や写真と違っていたらあなたはどうする? 次の3つの選択肢から選んでください。
1. ウェイトレスを怒鳴りお金を払わない
2. 「髪の毛が入っていましたよ」など、理由をつけてとりかえてもらう
3. 黙って食べる

1. ウェイトレスを怒鳴りお金を払わない人

このタイプの人を心理学では「外罰型」と呼びます。外罰型は、何か問題があったときに、自分以外のなにか(他人)を責めます。道で人とぶつかったときに「どこ見てんだ!」と相手を責めるのがこのタイプ。イライラを外に向けて発散しているので、ストレスを内に溜め込むことがありません。ただ、まわりの人間はかなりの不満を感じているかもしれません……。
 

2. 「髪の毛が入っていましたよ」など、理由をつけてとりかえてもらう人

このようなタイプは「無罰型」と呼ばれます。比較的ストレス耐性が強いとされるのがこの「無罰型」。このタイプの人はトラブルがあっても、自分や他人を責めることはしません。話し合いを提案したりして、有効な解決策を探ります。けれど、イライラを無理に抑え込んだ「偽」無罰型は要注意。いつか爆発してしまう危険性が……。

3. 黙って食べる人

このタイプ、意外と多いのではないでしょうか? このような人は「内罰型」と呼ばれます。道で誰かとぶつかると、まず自分の不注意を責めるのがこの内罰型。トラブルをいつも自分のせいにしてしまいます。イラッとくる事態に対して、自分を無理やり抑え込んでいるため、ストレスは溜まっていく一方です。
この「3. 黙って食べる」を選んだ内罰型は要注意!
自分を責める人は、無気力に陥る傾向が強いのです。しかも、うつ病になりやすいとも。早めに気づいて、心のクセを治した方が良さそうです。
イラッときたときの対処法は実際はさまざまですが、主張と抑制のバランスが大切。内罰型の人は、ときには開き直って外罰型のように自己主張してみるのもいいかもしれません。
photo by Thinkstock/Getty Images
(谷崎文香)



(マイスピ)記事関連リンク
鏡リュウジの新月に贈るタロットメッセージ【4月21日~5月5日】全体運
この春あなたに訪れる変化とは?意外と辛口気味だけど元気が出る「占いCafe」
ほくろの位置だけで彼の性格が分かる!? 「気になる彼のホクロ占い」

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。