ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

世界のメイク事情。女性の生活や仕事への意識が、メイク表現にも影響を与える

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

東アジアを中心とした7都市で調査を実施

カネボウ化粧品が、東アジアを中心とした7都市で「女性のライフスタイル調査」を実施たようです。ここではこの内容をご紹介します。

近年のインターネット・SNSの普及により、世界中のどこにいても同質な情報が得られる時代になりました。しかし、そのような中にあっても、女性達のメイク表現は、国や地域によっていまだに明確な特徴を持っているように見受けられます。

たとえば、日本と韓国は、コスメ大国としてアジア地域に大きな影響を与えていますが、隣国同士であるにもかかわらず、そのメイク表現は大きく異なっています。

カネボウ化粧品は、東京、北京、上海、台北、バンコク、ソウル、ニューヨーク(NY)の18~34歳の女性、計1,219名を対象としたインターネット調査を実施し、その調査結果から、以下のような考察をまとめまています。

<調査概要>
調査手法:インターネット調査 2016年10月実施(一部2016年12月に追加調査実施)
調査対象:東京、北京、上海、台北、バンコク、ソウル、ニューヨーク(NY)の18~34歳の女性各149~155名(東京のみ307名) 計1,219名
主な調査項目:社会の中での女性 / なりたい人物像 / メイクの実態

調査結果!各国のメイクの実態

◆ソウルの女性は7都市で最もメイクに時間をかけ、また使用アイテム数も最も多くなっています。東京の女性は、アイテム数は多いものの、かける時間は最も少なくなっています。

◆最もメイクに力を入れるタイミングは、バンコク・北京は「仕事に行くとき」、ソウルは「デートのとき」。東京の女性は「同性の友人と遊びに行くとき」が他都市より高くなっています。

◆プライベートではすべての都市で、7割以上の女性が楽しんでメイクをしています。一方、仕事では、プライベートと比較して楽しみ度合いは低くなり、東京・ソウルは特に低くなっています。

◆メイクをする意味は、ソウル以外の都市は、「身だしなみのため」が一番に挙げられていますが、ソウルの女性は他都市とは違い「欠点カバー」「自己表現」のためにメイクをしています。また、北京・上海・バンコクの女性も、2番目には、「自己表現」を挙げています。東京の女性は「おしゃれを楽しむ」ため、NYの女性は「女性であることを楽しむ」ためにもメイクをしています。

調査結果からイメージした各都市の女性像

※あくまでも調査結果をベースに、各都市の女性像や特徴あるメイクの一例を示しています。






各都市それぞれの特色が出る結果となったようです。
なりたいイメージやメイク意識は異なりつつも、その理想に近づくためにさまざま表現方法でメイクを楽しんでいるようですね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。