体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルーノ・マーズ、【24K・マジック・ワールド・ツアー】収益が約146億円を突破

ブルーノ・マーズ、【24K・マジック・ワールド・ツアー】収益が約146億円を突破

 ブルーノ・マーズの【24K・マジック・ワールド・ツアー】の現時点での総収益が1.29億ドル(約146億円)を超えたことが明らかになった。大手ツアー・プロモーターのライブ・ネイションが最新レポートで明らかにしたこの数字には、2017年11月11日まで行われる北米ツアーの収益7,600万ドル(約86億円)も含まれている。

 【24K・マジック・ワールド・ツアー】は今年3月28日に欧州で開幕し、34都市のアリーナ級の会場を6月15日まで回った。7月15日にラスベガスからスタートした北米日程は、10月10日に行われたフィラデルフィア公演まで32都市42公演を開催、チケット・セールスは659,190枚に上り、約86億円売り上げた。

 このツアーの9会場でコンサートが2公演ずつ開催されたが、シカゴのユナイテッド・センターだけは3公演が行われ、全てがソールドアウトだった。8月16日、18日、19日に行われたシカゴ日程の動員数は47,942人で630万ドル(約7億円)の売り上げがあった。これは現時点でこのツアー2番目の収益で、最も多かったのは英ロンドン日程の630万ドル(約7億円)だった(O2アリーナ、4公演)。

 ブルーノ・マーズの【24K・マジック・ワールド・ツアー】は2018年4月に来日公演も予定されており、いずれもソールドアウトとなっている。

関連記事リンク(外部サイト)

ブルーノ・マーズ、「That’s What I Like」のスペシャルなTVパフォーマンスを披露
ブルーノ・マーズ、追加公演の詳細発表
ブルーノ・マーズ、水道水汚染問題が続く米ミシガン州フリント市に約1億円を寄付

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。