体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドリカム新作アルバム制覇、乃木坂が約100万枚セールス達成、スカパラ×UNISON斎藤イベント開催決定:今週の邦楽まとめニュース

エンタメ
ドリカム新作アルバム制覇、乃木坂が約100万枚セールス達成、スカパラ×UNISON斎藤イベント開催決定:今週の邦楽まとめニュース

 DREAMS COME TRUEの18枚目となるオリジナル・アルバム『THE DREAM QUEST』がBillboard JAPAN総合アルバム・チャート“Hot Albums”で見事1位に輝いた。約3年振りの新作は、初週累計63,666枚を売り上げ、さらにデジタル配信にも力を入れたことから、セールスとダウンロードの両方で1位を獲得。さらにルックアップ1位のポイントも加わり、アルバム総合チャートを構成する全指標を全てトップ制覇した。2017年下半期の全指標制覇アルバム作品は他に、スピッツ、欅坂46、桑田佳祐の3組。本作も3組同様、ロングヒットに繋がるがどうかに注目だ。

【ビルボード】DREAMS COME TRUE『THE DREAM QUEST』が総合アルバム制覇 ハイスタはトップ3内を維持
【ビルボード】DREAMS COME TRUE『THE DREAM QUEST』が63,666枚を売り上げアルバム・セールス・チャート1位

 シングル部門では、映画『あさひなぐ』の主題歌である、乃木坂46「いつかできるから今日できる」が“JAPAN HOT100”総合首位を獲得した。乃木坂46通算19枚目のシングルである本作は、初週累計で988,768枚と100万枚目前の独走状態で週間シングル・セールスチャートもトップにも立った。

【ビルボード】乃木坂46「いつかできるから今日できる」988,768枚セールスで総合首位 Aimer&米津玄師は急上昇
【ビルボード】乃木坂46『いつかできるから今日できる』が988,768枚を売り上げシングル・セールス首位獲得

 総合2位に立つのが、Aimerの「ONE」だ。トリプルA面シングル『ONE/花の唄/六等星の夜 Magic Blue ver.』に収録されている本曲に加え、劇場版アニメ『Fate/stay night[Heaven’s Feel]1.presage flower』主題歌の「花の唄」は総合6位と、総合トップ10内に2曲がチャートインする快挙を成し遂げた。「花の唄」はダウンロード1位、「ONE」は同4位、「糸」は同55位だった。そんなAimerが2017年8月29日に開催した日本武道館公演が、映像作品として12月13日にリリースされる。新曲「花の唄」、「ONE」のライブ演奏に加え、全編アイスランドで撮影されライブビューイング限定で公開されたショートフィルム『solin』も収録される。

【ビルボード】Aimer「花の唄」DLソングNo.1、ドリカム最新作DLアルバム制覇
Aimer初の武道館ワンマンが映像作品化、アイスランド撮影のショートフィルムも収録

 ミュージックビデオ再生数が公開からわずか24時間で100万回以上を記録した米津玄師と菅田将暉の注目曲「灰色と青」は、ダウンロード3位、Twitter1位、動画5位と、ダウンロードとTwitterのポイントが牽引してシングル総合3位にチャートイン。続く総合4位には、今週アニメ・チャート10回連続首位を記録したDAOKO×米津玄師の「打上花火」がチャートインしている。米津の躍進はまだまだ続きそうだ。

【ビルボード】DAOKO×米津「打上花火」がアニメ・チャート通算10回目の首位に Aimerが猛追を見せる
米津玄師、菅田将暉のラジオに出演! 互いの印象や出会い語る

 来る2017年11月11日のレコードの日のイメージキャラクターにも選ばれているのんが、オリジナル1stシングル『スーパーヒーローになりたい』を11月22日にリリースすることが発表された。高野寛の作詞・作曲による「スーパーヒーローになりたい」に加え、のん自身の作詞・作曲による「へーんなのっ」、『OHIROME PACK』に収録されCD化の要望が高かった「I LIKE YOU」、そして【WORLD HAPPINESS 2017】 でも演奏された「タイムマシンにおねがい(WORLD HAPPINESS 2017 MIX)」の4曲が収録される。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会