ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード HOT BUZZ SONG】トップ3が総入れ替え、接戦を制したのは米津玄師「灰色と青(+ 菅田将暉)」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード HOT BUZZ SONG】トップ3が総入れ替え、接戦を制したのは米津玄師「灰色と青(+ 菅田将暉)」

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週は米津玄師の「灰色と青(+ 菅田将暉)」が初登場首位を獲得した。

 本作は、11月1日にリリースされる米津玄師の4thアルバム『BOOTLEG』の収録曲。10月10日に行われたアルバムの先行視聴会にあわせて動画が解禁され日本国内での週間動画再生数は188万回超で5位、菅田将暉とのタッグがSNSで話題となり1週間で7.3万ツイートされ週間ツイート数で首位となった。また、動画公開にあわせて先行配信もスタート。ダウンロード順で3位を獲得した。

 2位はHIROOMI TOSAKA「DIAMOND SUNSET」。ソロ作第二弾で、今作もAfrojackとの共作で作られた。動画、ツイート数では米津玄師に及ばなかったが、ダウンロード数では2位を獲得している。

 そして、話題となった前述の2曲を抑え、ダウンロード順で1位となったのがAimer「花の唄」だ。本作は、劇場版『「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」?.presage flower』の主題歌で、10月11日に発売されたトリプルA面『ONE / 花の唄 / 六等星の夜 Magic Blue ver.』の中の1曲。ダウンロード数では、HIROOMI TOSAKA「DIAMOND SUNSET」を僅差で押さえ首位、週間ツイート数も7位で【HOT BUZZ】3位を獲得した。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2017年10月23日付)
1位『灰色と青(+ 菅田将暉)』米津玄師
2位『DIAMOND SUNSET』HIROOMI TOSAKA
3位『花の唄』Aimer(エメ)
4位『One More Time』TWICE
5位『打上花火』DAOKO × 米津玄師
6位『いつかできるから今日できる』乃木坂46
7位『DNA』防弾少年団
8位『ONE』Aimer(エメ)
9位『手をつなぐ理由』西野カナ
10位『Why?(Keep Your Head Down)』東方神起

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】Aimer「花の唄」DLソングNo.1、ドリカム最新作DLアルバム制覇
【ビルボード】乃木坂46「いつかできるから今日できる」988,768枚セールスで総合首位 Aimer&米津玄師は急上昇
【ビルボード】DREAMS COME TRUE『THE DREAM QUEST』が総合アルバム制覇 ハイスタはトップ3内を維持

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。