ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

最強ファンクバンドBRADIOがあの名曲を生演奏!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

最強ファンクバンドBRADIOがあの名曲を生演奏!
J-WAVEでオンエア中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)。10月20日(金)のオンエアでは、最強ファンク集団、BRADIOが生出演! メンバーは、ボーカルの真行寺貴秋さん、ギターの大山聡一さん、ベースの酒井亮輔さん、ドラムの田邊有希さんの4人です。

「なんでファンクなんですか?」というカビラの素朴な質問に、「決まってますよ! 気持ちいいからです! イエーイ!」と最初からテンション高めのBRADIOの皆さん。

バンド名は造語で「Break the Rule And Do Image On」の頭文字から取ったものだそう。
メンバーは「僕ら本当に音楽が大好きで、いろいろなジャンルの曲を聴いて行く中で、R&B、ソウル、ファンクみたいな音楽が自分たちのバンドでは一番馴染みが良かった。やってて気持ちいいというフィーリングを頼りにして来たらここにいた」と語っていました。

そしてオンエアでは、「MUSICLICK!」の候補曲のひとつが「LA・LA・LA LOVE SONG」ということで、久保田利伸さんにメンバーが会った際のエピーソードを披露していただきました。真行寺さんは「リスペクトし過ぎてガチガチでした。思ったように話せなくて、全くファンキーじゃなかった…」と振り返ります。結局、言えたのは「CD全部持ってます、DVDも全部持ってます。大好きです!」と、ファン丸出しの内容だったとか(笑)。

そんなBRADIOですが、メジャーデビューシングル「LA PA PARADISE」のリリースを受けてワンマンツアーも決定しています。東京は11月12日(日)にZepp Tokyoです。

「MUSICLICK!」コーナーでは、接戦の末、ネット投票で選ばれた「LA・LA・LA LOVE SONG」を演奏していただきました。

ちなみに僅かに24票差だった、もうひとつの候補曲「Uptown Funk」(Mark Ronson feat. Bruno Mars)と合わせたクリック数は、なんと番組の歴代最高投票数208,528票! スタジオも最後まで大盛り上がりのオンエアとなりました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:毎週金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。