ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『ウォーキング・デッド』主人公リック役、自身のキャラクターが死んでも構わないと語り話題に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

『ウォーキング・デッド』主人公リック役、自身のキャラクターが死んでも構わないと語り話題に
遂に本日、『ウォーキング・デッド』シーズン8が日本でスタートし、主人公リック率いるコミュニティ連合軍と二ーガン率いる「救世主」との全面戦争の火蓋が切られる。

『ウォーキング・デッド』は、現在も継続しているロバート・カークマン原作のコミックに基づいているのだが、TVシリーズでは、これまでに数々の重要かつ想定外の展開があった。同シリーズでリック・グリムスを演じるアンドリュー・リンカーンは先日、もし、自身が演じるメインキャラクターが死ぬ展開になっても構わないと発言し、ファンの間で話題を呼んだ。

アンドリューは、『the New York Daily News』に以下のように語っている。

「(年をとって)あごひげに多くの白髪が生えてくる時期がやってくる・・・視聴者には終局が必要だと思う。何らかの解決策なしのストーリーに、みんなあまりにも膨大な時間を費やしている。もし僕がこのドラマを見ていたら、何かしら答えのようなものがほしいだろう。もしその答えが、中心人物もしくは主要人物の死だとしたら、僕はそうなっても構わないと思っている」

ロバート・カークマンは以前、「リックは最後まで生き残ることはできない」と語っている。だが、だからといって、コミックでもドラマでもリックがすぐに死ぬわけではない。しかし、ロバート・カークマンは『ウォーキング・デッド』が頼りの綱である彼なしでも続いていけると信じているようだ。

ウォーキング・デッドは絶対的な人気で、これまで、特に18歳から49歳までの、広告主が重視するターゲット層から、絶大な支持を受けていた。だが、前シーズンのシーズン7では、この18歳から49歳までの視聴率が大幅に減少。暗くて遅いストーリー展開は多くのファンから支持されず、多くのファンが離れて行ってしまったと言われている。シーズン8では、アクション満載な展開が復活し、ファンが戻ってくるかもしれないが、シーズン7で視聴者を失ったことは、このドラマが結局は不死身ではないことを証明していると言える。

これにより、一部の視聴者、そしておそらくAMC重役、プロデューサー、そしてキャストはドラマの結末について考え始めたのだろう。アンドリューが言うとおり、ファンに何らかの解決策を示すべきだ。だが、それはいつになるのだろうか? ロバート・カークマンは、これからもTVドラマを続けられるのに充分なほどのエピソードをコミックで描いているが、ドラマでも同じようにすべきとは限らないのではないだろうか? 『ウォーキング・デッド』の第100話目となるシーズン8第1話は、米AMCで10月22日21時から放送。日本では、FOXチャンネルで、本日10月23日(月)22時からスタートする他、Hulu、dTV、U-NEXTでリアルタイム配信される。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『ブレイキング・バッド』のピザを屋根に投げるシーン、真似をする人が後を絶たず実際の家の住人が鉄柵を立てる事態に
チャニング・テイタム、ワインスタイン・カンパニーと企画中の性的虐待映画の製作を中止
メーガン・マークル、エリザベス女王とのお茶会で宮殿に招かれる
死を間際にしたチンパンジーが「旧友」との再会で満面の笑み【映像】
『スター・ウォーズ』ハン・ソロ映画、無事クランクアップを迎えタイトルが発表!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。