ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

経験がなければ交際に不安を覚えて当然!気軽に付き合おう!! by 斗比主閲子

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
経験がなければ交際に不安を覚えて当然!気軽に付き合おう!! by 斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。

恋人が欲しいときの最大の悩みの一つは、出会いの機会がないことですよね。学校に通っているときにはいくらでも機会があったのに、働くようになってからは職場の人や家族以外に話し相手がいなくなってしまった、という人はたくさんいらっしゃることでしょう。

出会いの機会があったとして次に悩むのはどうやって付き合っていったらいいか。この、付き合う上での不安の有無について面白い調査があったので紹介します。

交際経験のある人は付き合うことへの不安が少ない!

次のグラフは、現在、交際相手がいない人に対して、「恋人として交際する上での不安が何か」を質問した結果です。調査をしたのは内閣府で、調査結果は「『結婚・家族形成に関する意識調査』報告書」としてまとまっている、しっかりしたアンケートなので、ご安心を。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171021001819p:plain

※グラフは『平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書(全体版) – 少子化対策:政策統括官(共生社会政策担当) – 内閣府」』を参考に筆者作成。

ご覧の通り、交際経験があろうがなかろうが、そもそも出会いの場所がないというのはほとんど変わりません。

しかし、「自分は魅力がないのではないかと思う」にしても「恋愛交際の進め方がわからない」にしても「どのように声をかけてよいかわからない」にしても、ほとんどの項目で、これまで交際経験がない人のほうが不安を感じていることが分かります。

付き合うことに不安がないから付き合えるのかも?

こういう結果を見ると、「誰かと付き合ってしまえば付き合うことに自信が持てるんだ!」と言いたくなりますよね。確かにその可能性はありますが、もしかしたら、その逆で、「付き合うことに不安がない人が交際できる」可能性もあります。

どちらが現実に則しているかはこの調査だけでは分かりませんが、個人的には、どちらも言えるんじゃないかなと考えています。誰かと付き合うことで交際への自信が持てるようになるものだし、付き合う事に不安がないほうが交際はしやすい。

ほら、よく言いますよね、きょうだいに異性がいる人のほうが異性と付き合うのが得意だって。子どものときから異性が身近にいる環境で育つと、異性がまったく理解できない存在ではないことが分かります。

それだけで随分アドバンテージがありますから、異性と付き合うハードルが低くなるのは理解できます。「異性とどうやって接したら分からない」に対して「普通に接したらいいじゃん」と言えちゃう。その普通が分からなくて異性と接することができない人はたくさんいるのに。

もちろん、異性のきょうだいがいるから、みんな異性と上手く付き合えるというわけではないでしょうけどね。あくまで傾向としての話です。

交際経験がなければ不安はあるもの

「経験を積むことで不安が解消されるかもしれない」というのは大切な考え方です。一方で、「交際経験がなければ付き合うことに不安を覚えるのが当然」というのも大切な発想です。

自分の子どもの頃を振り返ってみると、周りが次々と誰かと付き合っていく中で、自分が誰とも付き合えていないことに焦燥感を覚えつつ、でも思い切って声をかけられない時期があったのを覚えています。あの頃は、自分だけが取り残されている気持ちでした。

ただ、先程の調査からも、交際経験がない人はより不安を覚えがちであることが分かります。昔の私みたいな人は一定数いるわけで、たぶん、自分だけが置いてけぼりだったわけじゃないんですよね。

そもそも、みんながみんな交際経験があったわけでもなく、また、交際経験がある人の中にも、あらたに付き合うことに不安を覚えている人は少なからずいるわけですし。

誰もが初めてのことは上手くいかなくて当然です。恋愛結婚が当たり前の時代になった現代では、結婚相手に自らアプローチできるのも当然だと考えられていますけど、そんなことはありません。教えてもらわなかったこと、練習してこなかったことを誰もができるわけではないわけですから。

婚活中なら、上手く付き合えなくても当然、不安になるのも当然ぐらいの感覚で、徐々に色んな人と付き合って自信を付けていく。交際未経験の方であればそれぐらいの腹積りでいても悪くないんじゃないかなと私は考えています。 前回の記事:一人暮らしの相手でも、結婚後に料理をするとは限りません by 斗比主閲子

斗比主閲子「私の好きな結婚、嫌いな結婚」

1. 独身男女「理想的な相手なら結婚したい」が4割。私が結婚相手に求めた条件は「二世帯住宅ができること」

2. 結婚する男女が出会う平均年齢は? 結婚する相手にいつ出会い、どれくらい付き合うか

3. 「結婚したら変わってくれる」は大きな勘違い。結婚にそんな効果はありません

4. 結婚に求めるものは人それぞれ違うから「重たい」と思われることは気にしないでいい

5. 「何を結婚で得たいか」を話すのは結婚後にも続く大切なプロセス

6. 時間があるか、レシピを見て作れるか。相手が料理をするかを見極める2つの方法

7. 一人暮らしの相手でも、結婚後に料理をするとは限りません

8. 経験がなければ交際に不安を覚えて当然!気軽に付き合おう!!

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170705211917j:plain

著者:斗比主閲子

プロフィールは『1976年10月3日生まれ、福岡県出身。旧帝大卒業後、一部上場の家電メーカーに就職。外資系含めて何度か転職した後、現在は某企業のIR部門に所属。2.5世帯住宅で、X人目の子育て中……』ということになっています。家庭内トラブルが好物です。

著書:独身男女の悩みにバッサリ回答した『 私って、甘えてますか?』

ブログ:斗比主閲子の姑日記 http://topisyu.hatenablog.com/

Twitter:topisyu https://twitter.com/topisyu

関連記事リンク(外部サイト)

店員さんへのお礼で高感度UP。これって私だけ? by アルパカ子
【結婚どころか恋愛の仕方もわかりません Vol.8】マウンティングを受け流せ by おゆみパイ
カップリング成功率UPに浮かれてみたけれど・・・ by おーじろう

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。