体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジュレ×生チョコがとろけすぎる!『シャルロッテ ストロベリージュレショコラ』は働く女性におすすめの癒し系生チョコレート!

 

冬季限定「シャルロッテ」シリーズより『シャルロッテ ストロベリージュレショコラ』が登場。ジュレと生チョコレートという食感の異なるおいしさが同時に楽しめるなんて贅沢! これは食べずにいられない。

冬季限定「シャルロッテ」から『ストロベリージュレショコラ』新登場!

株式会社ロッテの冬季限定チョコレート「シャルロッテ」シリーズは、高級感ある生チョコレートを手軽に楽しめることで大人気! そもそも社名の由来が名作史上に残るゲーテの「若きウェルテルの悩み」のヒロイン・シャルロッテから付けられたものなので、ロッテ製品の中でも肝いりの品質で展開している。

 

今年はなんと『シャルロッテ ストロベリージュレショコラ』(9粒入り・オープン価格 税抜約280円・2017年10月3日発売)をはじめ、「シャルロッテ 生チョコレート」、「シャルロッテ 生チョコレート<バニラ>」、「シャルロッテ ショコランタン」、「シャルロッテ ショコランタン<香るカカオ>」の5つの味わいを10月3日に5種同時発売という華やかさで注目を集めた。

 

今回はその中から、もっとも高級感漂う9粒280円(オープン価格)のプチ贅沢な『ストロベリージュレショコラ』をチョイス。チョコレート業界が盛り上がる冬季シーズン、世の働く女性たちを癒してくれる大本命が早々に登場だ。

 

パッケージは高級感あるボックスで、ストロベリージュレを全面に打ちだしたピンクで統一。チョコレート店のイラストが描かれたアンティーク調のかわいらしいひと箱だ。箱を開けると「少し疲れたときは、大切な誰かにギフトを贈るような気持ちで、ぜひこのチョコレートを自分に贈ってみてください。」とやさしいメッセージが並んでいる。なんたる癒し系!

このままスタンプとして押したくなるかわいい刻印。

 

内側のシートを開けると、一瞬にしてストロベリーの香りが押し寄せてくる! チョコレートに包まれているのに、あふれんばかりのストロベリージュレの香りがたまらない。

なんだか食べるのがもったいないような気もするが、ひとついただきます。外側のチョコレートがパリッとくずれ、中から甘酸っぱいストロベリージュレがとろっと出てくる! 後から生チョコの甘さもやってきて、とろっとしたジュレとふわっとした生チョコの2つの食感がとても贅沢。冷蔵庫で冷やすと食感の楽しみが減ってしまうので、ぜひ常温で食べてもらいたい。

『シャルロッテ ストロベリージュレショコラ』はパッケージだけでなく、中身もやさしくて癒し系のチョコレートだった。残業中や育児で疲れているときにこのチョコをもらったら、ほっとひと息どころかストレスが溶けていってしまいそう。欲をいえば、ストロベリーだけでなくマンゴーや桃なども登場させてほしい。このおいしさが冬季限定だなんてもったいなく思う。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。