ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

あなたにピッタリなのはどっち? iPhone 8とiPhone Xの魅力を徹底レビュー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

新型が登場するたびにメディアが賑わうiPhone。今年発表されたのは、iPhone誕生10周年を祝うプレミアムモデル「iPhone X(テン)」と、従来型からさらなる進化を遂げた「iPhone 8」。あなたと私の前に立ちはだかるのは「いったい、どちらのモデルを買うべきか」という大きな問題だ。

新機能や技術解説はこれまでTIME & SPACEでもご紹介してきたが、ハイスペックな機種に魅力を感じる人がいる一方で、慣れ親しんだ使いやすさを重視するという人もいるだろう。機種選びの悩みポイントは、実に多様である。

そこで今回は、「X」と「8」を色々な観点で比較を試みた。あなたにピッタリなiPhone選びの参考にしてほしい。

「X」と「8」、充電・防水などの基本性能は同じ

機能面で2つの最新モデルが同等の性能を持っている点は多い。まず容量は64GB/256GBの2種類、チップセットは最新のA11を搭載しているという点。また、防水・防塵性能はIP67(6等級の防塵性能と7等級の防水性能という意味)を誇る。充電方式は「X」も「8」もQi規格のワイヤレス充電が可能なうえ、30分で最大50%充電できる高速充電にも対応している。

基本性能に関わる部分は、両者共に高い性能を備えていることがわかる。ユーザーのニーズをハイレベルで満たしているから、機種選びで差がでるのは、デザインや新機能になってくる。

デザインの美しさなら「X」、持ったときの安心感なら「8」

新しいiPhoneにちょっとでも興味がある人なら「X」の特徴的なデザインが記憶に残っているだろう。iPhoneのアイデンティティとも言える丸いホームボタンを廃し、極限までベゼル(枠)が薄くなった大型の有機ELディスプレイを持つボディデザインは美しい。

それだけじゃない、ホームボタンが廃止されたから、アプリ操作はジェスチャーで行う。メールを見終わってホーム画面に戻るなら、画面のいちばん下から1回スワイプすればいい。マルチタスキングでほかの起動中アプリに移るときには、画面いちばん下からのスワイプを途中で止めるだけ。文字で書くとまどろっこしいが、実機を手にして操作すれば、自然に操作できるのだから不思議だ。日常のルーティーンとなったスマホ操作が、新鮮な感覚とともに新しいものに置き換わる。こんな刺激は「X」だからこそ、だ。

とにかく新しいデザインを“体験したい!”という、iPhoneファンなら、それだけで「X」を選択する理由になるだろう。

一方、「8」も前モデルとは異なり、ボディにはiPhone 4以来となるガラスを採用。見た目だけでなく強度も向上している。また、写真などではなかなか伝わりづらい部分だが、実際に手にしたときのトゥルンと吸い付くような感触に、「7」からの大きな変化を感じることができる。新モデルにふさわしい完成度の高いデザインといえる。

また、むしろベゼル(枠)があった方が持ったときに安心、という人も少なくないだろう。そういう人には「8」がおすすめだ。

ゴールド派なら「8」

2013年に登場したiPhone 5sで初めてラインナップされたゴールド。品のある美しい輝きに「iPhoneはゴールド派」という人は多いだろう。「X」のカラーバリエーションはシルバーとスペースグレーの2種類。ゴールドが欲しいなら、必然的に「8」を選ぶことになる。

スマホユーザーの多くはスマホをケースに入れて使っているが、「素がいちばん」と言ってケースをつけない派の人も少なくない。iPhoneの魅力のひとつは完成度の高い表面処理だ。手に持ったときに質感とともに、美しく仕上がったカラーリングは、眺めているだけでも飽きない。

「8」は外観にガラス素材を採用しているから、今までとは異なるしっとりとした光沢が楽しめる。ゴールド派にとって「8」はかけがえのない存在であろう。

iPhone史上最強のカメラなら「X」、今まで通りの画面表示なら「8」

「X」のカメラ性能はiPhone史上最強だ。レンズは12MP(メガピクセル)広角カメラと12MP望遠カメラを搭載。これはiPhone 8 Plusも同じだが、望遠レンズの性能は「X」の方が上。光学ズームで10倍というのも画期的で、ズームした際の画像の劣化がない。一方「8」はこれまで同様のデジタルズーム。「X」はあなたの写真の表現領域をズバッと広げてくれるのだ。

「8」のディスプレイ解像度は1,334×750ピクセル。これは前モデルとまったく同じだ。一方「X」は2,436×1,125ピクセルと解像度が1.4倍アップ。より高精細な画面となっている。性能的には間違いなく「X」が上なのだけれど、画面サイズが大きくなったことで、タテヨコの比率が変わっている

これによって今まで撮影した写真を「X」で横向き表示にしたとき、写真の左右に隙間が生まれてしまうのである(Webサイトを見るときも同様)。画面が大きくなっても、サイズが合ってないから結果的に写真は小さく見えてしまう。前モデルで表示していたときのような”シックリ感”は乏しい。カメラ性能は「X」が上だけれど、今まで通りの画面表示で楽しみたい人には「8」がオススメだ。

最新最強の認証方式「Face ID」の「X」、使い慣れた「Touch ID」なら「8」

すでに話題となっているが、「X」では「Face ID」と呼ばれる最新の顔認証方式が採用されている。あらかじめ自分の顔データを端末に登録すれば、インカメラを自分に向けた瞬間にロックが解除される。大げさでなく、Face IDはスマホとユーザーの新しい関係性を構築する機能だといえる。

だが、「Face ID」の搭載は認証だけが目的ではない。

たとえば「Animoji」。「X」のインカメラはTrueDepthカメラと呼ばれるもので、人間の顔にある50以上の筋肉の動きを捉えて、12種類のキャラクターに自分の表情を反映させることができる。TrueDepthカメラとセンサーを使って実現した顔認証方式がFaceIDであり、一種のMRとして実現したのが「Animoji」だ。あなたの笑顔と同じように、画面の中のパンダが笑ったり泣いたり、変顔をしたりする。

メッセージのやり取りのなかで「Animoji」を使えば、今の気分をより楽しく、ダイレクトに伝えることができる。対応したアプリケーションが増えていけば、コミュニケーションの可能性が一気に広がりそうだ。

一方iPhone 8の認証方式は従来の「Touch ID」で、これらの機能は搭載されていない。使い慣れている認証方式がよいなら「8」が安心だ。

「X」と「8」、あなたの未来をともにするのはどっちだ?

ちなみに、Apple公式サイトにて「8」「8 Plus」「X」の詳細を確認できる。下の表は主だった特徴を比較したものだ。


Appleのホームページより転載

あなたにピッタリなのは「X」か、「8」か。さまざまな比較ポイントがあるものの、確かに言えるのはどちらも前モデルより大きく進化し、あらたな体験ができるということ。お近くのauショップに行って自分の目で確かめてみてほしい。

もっと知りたい
iPhone 8・iPhone X の製品情報はこちら

もっと知りたい
今すぐiPhoneを予約・購入する方はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

「iOS 11」で追加された新機能まとめ11選 『Siri』の進化、ファイルサイズは半分に
『Google Home』やスマートホームで実現するかもしれない「ちょっと先の未来」とは?

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。