体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Google Home』やスマートホームで実現するかもしれない「ちょっと先の未来」とは?

エンタメ

インターネットに常時接続され、話しかけることで家電などをコントロールできると話題のAIスピーカー。10月6日から「Google Home」が、10月23日から「Google Home Mini」の取り扱いが全国のauショップではじまりました。実はこのAIスピーカーは、家をIoT化して超便利になるスマートホームにおいては、家の中をつなぐハブとなり、家電などを操作して、快適に暮らすことができるようになると言われています。

今回はスマートホームやAIスピーカーで実現するかもしれない、ちょっと先の未来を大ちゃんと一緒にのぞいてみましょう。

こちらの記事もあわせてどうぞ
まもなく日本上陸! 群雄割拠のAI搭載「スマートスピーカー」それぞれの特長をまとめてみた

さよならリモコン。「声」で家と会話できます

「声」の指示でテレビをつけたり、照明を消したり、エアコンの温度を設定したり。AIスピーカーの進化によって、家にある設備や家電の操作はすべて「人の声」で指示できるようになります。リモコンはもうありません。

たとえば「ねえ家、ちょっと暑いから室温下げて」と言えば、「わかりました。エアコンの温度を100℃下げますね」「そうそう、大ちゃんの鮮度が落ちないようにカチンカチンにね……寒すぎるわ!」「冗談ですよ、大ちゃん」「たは〜! こりゃ一本取られた!」。近い将来、家とそんな会話を交わす日がくるかもしれません。

大好物のちくわを自動的に冷蔵庫に補充してくれます

冷蔵庫とインターネットがつながってIoT化することで、中身を常に検知してくれます。クラウド上でデータを管理し、ECサイトと連携して、足りなくなってきたものは自動でストックを注文します。

冷蔵庫には大ちゃんの大好物、豊橋のちくわがたっぷりストックされています。やったね、大ちゃん!

鏡を見るだけで、自分の健康状態がわかります

洗面室の鏡の前に立つとセンサーやカメラが作動。機械などを装着しなくても鏡を見るだけで体重や体脂肪、心拍数などを自動的に計測して、毎日の健康状態をチェックできるようになりそうです。

あらら、朝のお迎えに上がった大ちゃんに、あずきちゃんの体脂肪率がうっかりバレちゃいました。電気屋さんに頼んで、「数字は本人にしか見えない設定」の仕方を教えてもらった方が良さそうですね。

留守中の訪問客と外から会話ができます

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会