体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドワンゴ塩谷啓氏が明かす──アンチパターンから探る、採用担当者が読みたくなる職務経歴書って?

フォーマットに気をつける

今回のセッションテーマは「採用担当者が読みたくてたまらなくなる職務経歴書を書くために絶対に外せない3つのポイント」。このようなテーマを掲げてはいるが、実は「読みたくてたまらなくなるポイント」というものはない。

それは応募書類自体に、価値があるわけではない。価値があるのは自分自身。つまり自分の価値を過不足なく伝えることができればよいのである。

しかしながら、損をしている書類があまりにも多い。そこで今回は採用担当者の読む気が失せる3つのポイントを紹介する。

株式会社ドワンゴ 技術コミュニケーション室 室長 塩谷啓さん

まず1つ目のポイントは「フォーマット」。

推薦状と職務経歴書はWord、履歴書はExcelというように、ファイルフォーマットが異なる場合がある。Officeが苦手な担当者だと、WordとExcelを両方開くのは辛い作業なので、PDFにまとめることをお勧めする。

それだけではない。職務経歴書は表組みを使って書かれることがほとんどだが、そこにも罠が潜んでいる。

経歴の順番は古い順に書くのではなく、新しい順に書くこと。採用担当者が知りたいのは、直近でどんな仕事をしているのかだからだ。

さらに情報は過不足なく記述すること。例えば開発環境欄に「OS:Windows7、DB:Oracle、言語:Java」と書くのではなく、この場合、OSの情報は不要。だが、DBや言語はバージョンまで詳細に書くこと。

またプロジェクトの担当分野を書く場合は、「開発」というひと言で終わらせるのではなく、そのプロジェクトのどういうパートにどのように関わり、その結果どういう貢献をして、自身が成長をしたのかを記述してほしい。

そして最後は、マクロを仕込まないこと。

実際にExcelで作られた職務経歴書にマクロが仕込まれていたら開くのを躊躇されてしまう。無用なマクロは取っておくことだ。

自己PRは正確かつ具体的に記載する

第二のポイントは「自己PR」。NGワードは「サブリーダー経験がある」「コミュニケーション能力がある」。前者のサブリーダーはどんな役割なのか具体的にわからないからだ。

もしサブリーダー経験を記載するのであれば、こういう立場でこのようなことを行ったというような具体的な内容を伝えることだ。

エンジニアにとって求められるコミュニケーション能力とは、隣のエンジニアとうまくやること。つまりわかりやすいコードを書き、コードレビューや設計について議論することができれば、それで十分。顧客との折衝能力がある、協力会社との管理の経験があるということであれば、そう具体的に書くことだ。

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。