ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

愛犬の孤独を解消!留守中に犬の相手をするコンパニオンロボット「Laïka」が賢い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
少子高齢化の影響か、晩婚化が進んでいるせいか。最近は、独身でもペットを飼う人が増えている。そこで問題となるのが、留守の間のお世話。犬は元来、とても寂しがり屋。孤独のあまり、心の病気になってしまうことだってある。

そんなとき、利用したいのがこの「Laïka」。スマートフォンで操作できる犬用のコンパニオンロボット。飼い主が留守の間、ワンちゃんのお世話をしてくれる愛犬家垂涎のプロダクトだ。

・犬と遊び、ご褒美をあげる

「Laïka」ができるお世話は、主に2つ。犬と遊び、ご褒美をあげることだ。内部には2つの異なるモードを装備。第三者による操作モードの他、自走モードを備えている。飼い主が何らかの理由で操作できない場合、予め設定しておけば、「Laïka」が自己判断で、ワンちゃんの相手をしてくれる。

マイクとライフビデオを装着してあるので、飼い主は時間や場所を問わず、愛犬に話しかけたり、様子を見ることができる。

「Laïka」には、吠えを検出し、モバイルアプリから通知する機能を搭載。犬とリアルタイムでやりとりしたり、何が起こっているか把握することが可能だ。例えば、寂しさからつい無駄吠えしてしまうとき。落ち着かせるために話しかけ、静かになったらおやつをあげよう。ご褒美は、内臓のおやつディスペンサーから出てくる仕組みだ。

・どんなに噛まれても大丈夫!

本体は、耐久性のある素材。どんなに噛まれても耐えられる、強靭な作りが自慢だ。最適な素材を見つけるまで、獣医師の協力の下、150回ものテストを繰り返したという。

現在、Indiegogoで支援募集中の本品。その人気は高く、早々と目標額をクリアしている。プレオーダー価格は、275ドル(約3万1000円)から。申し込み締め切りは、11月20日。

Laïka/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。