ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【インタビュー】9年ぶり日本再来の女子十二楽坊、石娟団長に「九久重逢」の想いを聞く

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

九久重逢(チウチュチョンフォン)―――。

 

女子十二楽坊が、9年間の充電期間を経て、再び日本にやってくる。新メンバーで装いもパワーも感性も新たに、「日中国交正常化45周年 女子十二楽坊 日本公演2017」と題して、新宿・江東・千葉の3会場で3日間にわたり繰り広げられる。

 

NHK紅白歌合戦にも出演した実績がある女子十二楽坊が、どうパワーを蓄え、新メンバーを構成し得、そしていまなぜ、再び日本公演に挑むか……。デビュー当時からリーダーを務め、現在は団長として楽団をマネジメントする石娟(Shi Juan、シー・ジュエン)氏が、新生・女子十二楽坊についてインタビューに応じた。

 

「いまは、緊張と期待、不安が入り混じった感じ。9年間の充電期間中、日本に行ってファンのみなさんと再会したいとも思っていた。9年前の思い出がいつも心に残っている」

 

石氏は、日本公演を1か月半後にひかえた10月初旬に来日。まずは、日本のファンへの想いを語った。

2001年に北京で結成された女子十二楽坊は、中国の伝統的な民族楽器である琵琶や笛、古箏、楊琴、二胡などで構成される中国版オルケスタ。その創立者でプロデューサーだった王暁京氏が2015年に他界すると、その役目を団長である石氏が兼任することに。

 

「王氏が亡くなられて、新しい会社をつくり、自らまとめて再出発する覚悟を決めた。自分で運営すると。新たなメンバーの選抜も自ら行い、音楽学校でトップクラスの演奏者に参加してもらっている。新たな楽曲の創作にも尽力した。これまでの『自由』や『奇跡』といった代表的な曲に加え、日本の『花は咲く』などをはじめ、新たな曲も含めて構成している。とくに『奇跡』は、新たなメンバーも加わり、スケール感も深みもさらに増した」

 

女子十二楽坊の演奏者のひとりから、マネジメントを務めるリーダー、そして経営者としての顔も持ち合わせることになった石氏は、9年前から、新生・女子十二楽坊までの道のりについてこう語っていた。

 

「いままでは、自分のことを考えていればよかった。どちらかというと、演奏にベストをつくせばよかった。でも、経営者として、マネジメント力や創作性などを学びながら、新しい女子十二楽坊を模索してきた。プレッシャーももちろんあった。この新たなメンバーには、これまでにないプロ意識がある。ビジュアル的にも、新鮮なものに生まれ変わった」

 

「九久重逢」という言葉に込めた想い

 

「女子十二楽坊に青春を捧げてきた」という石氏。「いまの心境をひと言で伝えると?」と聞くと、彼女の口から返ってきた言葉が、冒頭の「九久重逢」(チウチュチョンフォン)だった。

 

「9年のときを経て、やっと再び会えることができたという気持ち。今後は、中国民族音楽の伝統と継承を重んじながらも、新しい世界へ挑みたい。今後は、新しい要素を採り入れながら、伝統も守りながら、進化させていく。それがわたしの使命とも思っている」

 

そして、今回の9年ぶりの日本公演について、こんなヒントも教えてくれた。

 

「今回のテーマは『回顧』。前回、日本に来たときのころを振り返りながらも、新しいメンバーと新しい要素を採り入れたパフォーマンスで、新しいファンをつくっていきたい。そのリスタートとして『まず、回顧を』とも思う」

 

当時からのメンバー3名を中心に、新たなメンバー9名が加わり、演奏やビジュアルがパワーアップした新生・女子十二楽坊。「日本に恩返しをするべく、再スタートを切ることができ期待で胸がいっぱい」という石氏率いる新生・女子十二楽坊の「日中国交正常化45周年 女子十二楽坊 日本公演2017」は、2017年11月27日 新宿文化センター、11月28日 ティアラこうとう、12月2日 千葉県文化会館で開催。11月27日の新宿文化センター公演では、スペシャルゲストとして城宏憲氏も登場する。

 聴く中国語(CD付き) 142号
Fujisan.co.jpより

関連記事リンク(外部サイト)

雑誌は全部ウエブメディアになってしまうんですか?『ケトル』嶋浩一郎氏インタビュー
日本一芸人「トレンディエンジェル」の魅力を、日本一おもしろくない芸人が語る
アイドルグループ・カプ式会社ハイパーモチベーションに突撃!壮大な夢へとかける3人の思いとは
恥レスが聞いた!コンサルタント・松ヶ崎氏、今のアイドルが売れるために必要な「〇〇力」
SLIDER編集長インタビュー「スケートボードを愛するということは、街を愛する事」

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。