体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食べてないのに太る…30〜40代女性の代謝をUPさせる食材&調理法

また、肉に偏らず、魚、大豆製品、卵なども合わせて摂るようにしましょう。

お酢

お酢

主成分である酢酸が、血行をよくし、疲労回復をサポートする効果が期待できます。

良質の油

亜麻仁油

魚やアマニ油に含まれるオメガ3系の油は脂肪の燃焼を高めてくれる作用が期待できますので代謝が低下し脂肪が貯まりやすい身体の強い味方に。

また、腸の動きを活発にしてくれる効果が期待できるオリーブ油も◎。

大豆製品

大豆

お米とお味噌の大元である大豆はお互い不足しているアミノ酸を補うため、コンビを組ませると相乗効果が期待でき、たんぱく質の吸収率がアップ。筋肉が作られやすく、基礎代謝もアップしやすくなります。

代謝をUPさせる調理法・食べ方のポイント

料理をする女性

食材

食べるものは原材料をみてシンプルな表記のもの、加工度が少ないものをなるべく選びましょう。代謝が落ちている時は添加物などの代謝もカラダの負担になる可能性が高いからです。

調理法

炒める、揚げるといった油を使った調理法よりも、煮る、焼く、蒸すなどがオススメです。そこに薬味や香辛料、お酢などを利用することで、食べたときに満足感を得ることができます。

温度

代謝が活発になる体温は36.5℃以上と言われていますので、冷たいものよりも温かいものを中心に取り入れるのも良いですね。

食べ方

胃腸を疲れさせる食事や食べ方は内臓の疲れとなり代謝が低下しやすくなります。食べる内容を選ぶだけにとらわれず、良く噛んで胃腸の負担を和らげることが大切です。

30〜40代女性の代謝UPを助ける!おすすめレシピ

チキンソテー

代謝アップに!カボスとチキンの蒸しソテー

■ 材料(2人分)

・鶏むね肉:1枚

・カボス:1/2~1個

・塩:少々

・こしょう:小さじ少々

・ニンニク:1片

・オリーブオイル:小さじ2

【付け合わせ】

ベビーリーフ、ミニトマトなど

■ 作り方 

1. カボスはスライスし、ニンニクはすりおろす。

2. 鶏むね肉は、食べやすい大きさにそぎ切りにし、両面に塩・こしょうをふっておく。

3. フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを入れ、香りがでてきたら鶏むね肉を中火で焼き、両面に焼き色をつける。

4. 両面に焼き色がついたら弱火にして、スライスしたカボスを上にのせる。

5. その後、分量外の大さじ1杯の水を入れ、ふたをして15分ほど蒸し焼きにする。

6. 鶏むね肉に火が通ったら火を止め、そのまま10分ほど蒸らす。

7. 付け合わせと一緒にお皿に盛りつけたら出来上がり。

■ ポイント 

カボスに含まれるクエン酸が代謝を促すとともに、たんぱく質が筋肉の材料になります。

最後に横川先生から一言

軽い運動をする女性 

代謝は年齢によって下がっていくものではありますが、自身の努力でペースを緩やかにできます。

ぜひ、これからも元気な体を維持する為に食事や運動などできることを積み重ねていけると良いですね。

参考文献

・厚生労働省のe-ヘルスネット

・厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

・スロトレ/(著) 石井直方

・たまった脂は油で流せ!油摂りダイエット/(著) 伊達友美

【監修:栄養士 横川 仁美】

プロフィール)

食と健康・美容を繋ぐ「smile I you」代表。

中学生の頃、家族が体調を壊し、やりたい事ができない姿をみる。その中で毎日食べる食の知識を持つことで何かが変わるような気がし、栄養士を志す。管理栄養士を取得後、メタボリックシンドロームの人へ向けた保健指導を中心に、ダイエットサポート、電話相談、雑穀販売等のカウンセリング等を通して、のべ2000人の方に、食のアドバイスに携わる。目の前の人の「今」、そして「これから」を大切にした食の提案を目指している。

関連記事リンク(外部サイト)

知らなきゃ損!「足裏湿布」の健康効果・副作用・貼るポイントについて
つらい便秘を食べ物でスッキリ解消!効果的な選び方と食べ方とは?
ダイエットの症状・原因・治療

前のページ 1 2
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。