体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人のちょっと贅沢な秋冬旅に!心に残る美食の宿22選【全国】

生活・趣味
大人のちょっと贅沢な秋冬旅に!心に残る美食の宿22選【全国】

おいしい料理はいつまでも記憶の片隅に残るもの。だから今度の旅行は、「あそこで食べたあの料理、おいしかったね!」と思い出話が盛り上がる、美食自慢の宿に出かけてみませんか?

ご当地の食材を活かした絶品グルメや、実力あるシェフが手掛けるフレンチ・イタリアン、そして目にも楽しい創作料理など、きっとあなたの心に残る宿を厳選して22軒ご紹介します!

記事配信:じゃらんニュース

<目次>

■珠玉の料理を求めて「逸品」→

■目と舌で愉しむ「絶景ダイニング」→

■記念日を彩る「洋食ディナー」→

■伝統と旬を味わう「和の夕餉」→

珠玉の料理を求めて

「逸品」

日常の食卓には、あまり縁のないもの。もしくは、一度は食べてみたいと思わせるもの。宿の「逸品」と呼ばれる料理は、わざわざ出かけたくなる魅力を秘めている。それはご当地自慢のブランド食材であったり、ジビエのような未知の味覚であったり。特別な料理への期待は、忘れ得ぬ記憶への序章となるだろう。

1.オーベルジュ エスポワール【長野県茅野市】

野生の力強さを内に秘めた、めくるめくジビエ料理の世界へ。

オーベルジュ エスポワール希少な素材を生かすも殺すも技とアイデア次第。作り手の料理にかける情熱が、逸品を生む原動力になる

こちらの「逸品」は・・・

フルコースで堪能したい<ジビエ料理>

オーベルジュ エスポワール信州産を中心にしたさまざまなジビエを使いコースを構成。写真は山鳩のカイエット 天然きのこソース。信州特産のリンゴをコンポートにして添え、山鳩が棲む世界感を表現。オーベルジュ エスポワール鹿肉のポワレ 蓼科産摘みたて野菜添え ジン香る赤ワインソース。料理はすべてジビエフルコース一例オーベルジュ エスポワール鹿とバナナのクラフティー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会