ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

タイで財布をなくし、初めての「バスキング」に挑戦!特技のない僕でも成功できた理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
タイで財布をなくし、初めての「バスキング」に挑戦!特技のない僕でも成功できた理由

こんにちは!旅するクリエイターのKEIです。世界中で撮った絶景はInstagramにて公開中です!

「旅をしながらお金を稼ぐ」そんなことが出来たら、旅はより一層、ライフスタイルの中心へと近づきますよね。以前もいくつか記事を書いてきましたが、僕は世界一周時から、なんとか旅をしながらお金を稼ぎ、現在もそのサイクルを続けています。

しかし、クリエイターの僕には出来ないものがひとつあります。そう「バスキング」です。今回、海外でお財布を無くし、タイでやむを得ず「バスキング」をすることに…。

習字道具もない!髪も切れない!ギターも弾けない、何も特技のない僕がどのようにして6日間を150バーツ(450円)で乗り切ったか、お教えしましょう!本当に困った時は、この記事を思い出してください!
 

タイで緊急事態!? お金がない!

Photo by Kazuki Kiyosawa

そう。あれは忘れもしないフィリピン最終日。荷物をまとめて、さぁ!タイへ!…と、あれ?…お、お財布がない!?

世界一周中にもなくしたことのなかったお財布をとうとう無くしてしまいました。旅も、運転も、慣れてきた頃にみんな失敗したり、ミスをしたりしますよね。フィリピン最終日ということで、お金はほとんど持っていなかったので良かったのですが、問題は…そう、キャッシュカード。
 
僕がやっている仕事の大半が日本からの送金で、それを海外から引き落とし、そのお金で旅を続ける。というサイクルがあります。
 
しかしキャッシュカードがなければ、仕事をしてもまるでダムのように、そこで流れはストップしてしまいますね。この時、僕は持ち前の「なんとかなるっしょ精神」で大して重くは感じていませんでした。

Photo by Kazuki Kiyosawa

とりあえず近くにいた友人にお金を借りて、タイでのひと月にも渡る生活が始まりました。
 
旅仕事サイクルがストップしているので、この時既にカウントダウンは始まっていたのです。そう、「終わり」へのカウントダウンが…。
 

人生初!「バスキング」を決意!

Photo by Kazuki Kiyosawa

ところで皆さんは、「バスキング」というお金の稼ぎ方を知っていますか?髪を切ったり、ギターを弾いたり、自分の得意とする、いわば武器と人と人との繫がりで、お金を稼ぎながら旅を続ける方法です。
 
…ですが、前半でも述べた通り僕にはそんな特技がありません。特技がないから、こうやってライターをしたり、フィルマーをしているわけですが、そんな甘いことも言えなくなってきました。
 
タイ生活残り6日目にして、宿代と宿から空港までの送迎費を差し引いた手持ちの合計が、なんと…150バーツ(450円)。
 
タイ滞在前半はタビイクの引率もあり、なかなか節約もしないで旅をしていました。後半カンボジアに滞在した際は、宿3ドル食2ドルの1日5ドル生活。そんな苦しい生活も、残り6日…。
 
カオサンロードに来たことがある方はご存知だと思いますが、この辺りはだいたい一食30バーツ程度。こんなの5回ご飯を食べてしまえば、おしまいです。

Photo by Kazuki Kiyosawa

お金がないので観光はせず、目の前の仕事を片付けているのに、お金がない!!モバイルボヘミアンの最大の弱点を突かれました。
 
そう、モバイルボヘミアンは、財布をなくした途端、旅が終わるカウントダウンが始まるのです。
 
残り6日で450円。周りに日本人も多いし、借りることも出来ました。でもなぜだろう、この「いけそう」な感じ。ほら、意地でもタクシーを使わないで目的地まで行きたい感じ。日本円にしたら数十円の値下げも喰い下がらない感じ。

Photo by Kazuki Kiyosawa

旅人ならなんとなく分かるこの、意地のぶつかり合い。

「よし、何が何でもお金は借りずに乗り越えてやろう」なぜかそう決心した僕は、頭を振り絞って自分が出来ることを考え始めました。

関連記事リンク(外部サイト)

シンガポール〜バンコクまで!憧れの「深夜特急」を実際に旅してみた!
“潔癖性”が治り、”祈る”ようになった。半年の「旅」で僕の感受性は大きく変わった。
短い時間で英語力アップ!電車で出来る9つの勉強法
バックパッカーの聖地タイを最高に楽しむ33の観光スポット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。