体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本発!45秒でクレープを焼くロボット「クレポ」が国際的料理イベントで話題

日本の企業が開発したクレープロボット「クレプ」がスマートキッチンサミットでも注目を集め、話題を呼んでいるようだ。破れやすく、綺麗に焼くことが難しいクレープ生地をボタン1つで焼くことが出来るという。

・たったの45秒!?で生地が完成

レコードプレーヤーを想像させる形をしたクレープロボット「クレプ」を開発したのは、森啓史さん。クレプを起動させると一定量の生地が鉄板に広がり約45秒で生地が焼き上がる仕組み。「クレプ」を使用することでクレープ調理の際の人員不足を解消が期待できるという。

・ユニークな見た目にも注目

薄く破れやすい生地を何枚も連続で作ることができる点や、人員不足の問題解消などの点のほかにも、ターンテーブルのように生地を回しながら焼き上げるというプロセスにもイベントでは注目が集まった模様。

業者の使用だけでなく、ホテルのビュッフェコーナーでの一般客によるセルフサービスも考慮されており、どんな場面でも品を感じるデザインとなっている。幅広い場面での活用が期待されクレープマシンだ。

便利でありながらエンターテイメント性も備えたユニークなフードロボット。海外でも注目を集めているとのことなので、日本製のクレープロボが世界で活躍する日も近いかもしれない。

クレプ

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。