体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【着物で生け花】きもので季節のお花をいける会を開催いたしました♪

こんにちは、趣通信のしーまんです。

先日、私がひと月に1回開催しているきものイベント・きものでかけるの『きもので季節のお花をいける会』を開催いたしましたので、その様子をレポートいたします。

 

講師は、池坊いけばな教授・谷田貝一也先生

谷田貝一也先生は、若くして東京キモノショーでのお花のパフォーマンスを行うなど、幅広く活躍している方です。

以前も講師をお願いしたことがあるのですが、一から丁寧に、個々のお花の特徴と、生ける人の人柄を大切にしながらレクチャーしてくれるので、今回もそれぞれの個性が伸びるワークショップを行っていただきました。

 

IMG_4906

ワークショップの内容

「ひとりひとりにきちんと指導をしたい」というご厚意から、今回は1回最大6名の少人数で開催いたしました。ほとんどの方がお花初体験。みんな初めて握るハサミの使い方から教えてもらいます。

IMG_4667

そして、それぞれの席の脇には、なにやらバケツがならんでいます…。

IMG_4875 IMG_4868

今回のワークショップでは、2種類の “いけばなセット” を用意し、まずは自由に生けていきます。それぞれ、違う草木が用いられています。

 

IMG_4948

みんなワイワイスタートです。教えてもらったことはハサミの持ち方と、剣山へのお花や草木の生け方くらい。先入観なく自由な発想で生けていきます。みなさん同じお花で生けているのに、それぞれの個性が出て面白いですね。

 

IMG_4716

長すぎる茎を切ったり、多すぎる葉っぱをとったり。作業は黙々と進んでいきますが、どの植物も一度切ったら元に戻すことはできません。一本一本丁寧に。

紅葉したり、枯れ始めている草木の姿も生かす

わたしは生けるお花や草木すべてきれいなものという先入観を持っていましたが、今回のテーマは”季節のお花”。紅葉したもみじや、少し葉先が枯れかかったものなど、 花の種類だけでなく、季節ごとに見せる植物の表情も大切に、お花を選んでいただきました。なんだか普段はきれいな花ばかり目に行きがちでですが、こうしてみると、どんな植物も愛おしく感じるものですね。

IMG_4954

コスモスはなにやらウニョっと曲がっていますね。これは野生に生息するコスモスのお花なんですって。この曲線も楽しんで生けますよ。剣山に差すとお花の重みで想像と違った方向へ傾いたりもしますので、「あなたはどっちに向きたいの?」とお花と会話をする一幕も。

1 2次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。