体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【どんなクルマと、どんな時間を。】トヨタ アクア(現行型)× 初心者サーファー兼キャンプビギナー

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは『どんなクルマと、どんな時間を。』?

▲小さなアクアに大きなサーフボードを積んで、海に出かける千葉さん

▲小さなアクアに大きなサーフボードを積んで、海に出かける千葉さん

ライフスタイルの変化をポジティブに捉えて

朝6時の御宿海岸。数えきれないほどのサーファーが海に出ている。10月に入り、もう半袖では耐えられない肌寒さだが、彼らには関係ないことなのだろう。

今回取材した千葉有紗さんも、「季節に関係なく、1人でできるスポーツ」というところに魅力を感じて、サーフィンをはじめた。浅はかな筆者は「海に入れるのは暑い夏だけ」と思っていたが、そうではないらしい……。

千葉さんがサーフィンをはじめたのは、約1年ほど前。彼女いわく、まだまだ“初心者サーファー”で、思うように波に乗れないそうだ。この日も、悪戦苦闘していた。

▲たくさんのサーファーに交じって、果敢にトライしていた千葉さん

▲たくさんのサーファーに交じって、果敢にトライしていた千葉さん

今年26歳になる千葉さんだが、学生時代はバスケットボール部に所属し、小・中・高・大学と、青春を部活動に費やしてきた。バスケットボールがとにかく好きで、その気持ちは今も変わらない。しかし、試合をするためには最低10人が必要なバスケットボール。時間の制約が増える社会人にとって、気軽に取り組めるとは言い難いスポーツだ。

「体を動かしたいけど、自分1人ではバスケはできない……じゃあ、1人でもできるスポーツをやってみよう!」前述したが、千葉さんがサーフィンをはじめたのはこんな理由からだった。

▲スノーボードも候補だったが、冬にしかできないということで、寒さを我慢すれば年中取り組めるサーフィンを選んだそうだ

▲スノーボードも候補だったが、冬にしかできないということで、寒さを我慢すれば年中取り組めるサーフィンを選んだそうだ

もう一つ、千葉さんがここ最近はじめたことがある。それが、キャンプだ。

この日のメインイベントも、実はキャンプ。バスケ仲間の女子4人でテントを張り、前の日から1泊していた。千葉さんは、みんなよりちょっと早起きして、1人で海に出てきたのだ。朝から忙しないスケジュールで、想像しただけで疲れそうだが、千葉さんにとっては「いつものオフ」。休みの日は、だいたいこんな調子だそうだ。

そして、彼女のこんなアクティブさを支えているのが愛車のアクア。正確には家族みんなの車だが、週末はほぼ千葉さんが使っている。

▲サーフィン後、テントに戻ってきた千葉さん。アクアに立てかけて、道具を干す

▲サーフィン後、テントに戻ってきた千葉さん。アクアに立てかけて、道具を干す

▲仲間が朝食の準備をして待っていた。みんなでワイワイ、入れたてのコーヒーを飲む、最高の時間

▲仲間が朝食の準備をして待っていた。みんなでワイワイ、入れたてのコーヒーを飲む、最高の時間

▲この4人で、よく野外フェスやキャンプに行くそうで、道具はそれぞれ持ち寄り。高価なものはカンパして買い揃えたりもする
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。