体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リニューアルした『TULLY’S COFFEE BARISTA’S BLACK(タリーズコーヒーバリスタズブラック)』2種を飲む

 

米国シアトル生まれのコーヒーチェーンで「スターバックスコーヒー」のライバルとして知られる「タリーズコーヒー」。そのブランドで展開するボトル缶コーヒーも他製品とは一線を画す味わいが特徴だ。そんな缶コーヒーシリーズが9月25日に刷新。その肝となるブラック『TULLY’S COFFEE BARISTA’S BLACK(タリーズコーヒーバリスタズブラック)』を味わってみよう。

職人気質のコーヒーの味わいを突き詰めたボトル缶コーヒーの名作がリニューアル。美味しさが失われていないか、確認だ!

 

「タリーズコーヒー」が日本に上陸したのは1997年。本国アメリカでは2012年に倒産トラブルなどもあったが、日本は独立法人なので影響はなく、今に至るまで順調にその店舗数を増やしている。

 

 

ライバルの「スターバックスコーヒー」が若い世代中心の華やかなイメージなら、「タリーズコーヒー」はシックで年齢を問わない店舗の雰囲気が特徴で、いろいろなアレンジコーヒーも良いけれど、職人気質のストレートなコーヒーの味わいが記者も気に入っている。

そして同ブランドから2007年のチルドコーヒーを経て、2009年に発売されたのが缶コーヒーシリーズ。当初からブラックのボトル缶での登場で、シックなボトルデザインとともにその味わいに驚いてファンになった人も多いと思う。リキャップ可能なボトル缶を採用しつつ、大きな開口部から立ち上る本格コーヒーの香りは、それまでの缶コーヒーの常識を覆したと言っても過言ではない。

 

では当時の缶コーヒーの常識とは何か。それは酸味である。昭和の喫茶店のコーヒーは大抵、苦かろうが、そうでなかろうが酸味が強いのが特徴だった。その酸味を抑え苦味をまろやかにするために、砂糖やミルクを入れて飲むのが前提でもあった。

もちろんゼロカロリーだし、糖類もゼロなのでダイエット中の人にもうってつけ。ただカフェインの摂りすぎは睡眠を阻害するので、夜遅く飲むのには適していない。

 

その流れで作られた缶コーヒーもまた、近年では多少変わりつつもあるものの、基本は酸味がしっかりあるコーヒーが多い。それは無糖ブラックになるとさらに顕著で、酸味が際立つ。最近ブームのスペシャルティ・コーヒーもまた酸味系が主体であるので、奇しくも流行には乗っているわけだが、記者のようにすっきりシャープなブラックを飲みたい人も結構いるはずだ。

 

 

ではそうした人々が何を選ぶか。そのファーストチョイスの一つとなるのが、『TULLY’S COFFEE BARISTA’S BLACK(タリーズコーヒーバリスタズブラック)』である。ところが今年の9月25日よりシリーズ全体が順次刷新となった。ちなみにイメージキャラクターは女優の真木よう子。果たして良さを失ってしまっていないか心配だ、ということで飲んでみることにする。

 

サイズにより微妙に味の違いを出した2種類のボトル・ブラック!

 

どちらも商品名は『TULLY’S COFFEE BARISTA’S BLACK(タリーズコーヒーバリスタズブラック)』と同じだが、今回2種類のサイズが用意され、味も違いを出している。

 

■伊藤園『TULLY’S COFFEE BARISTA’S BLACK(タリーズコーヒーバリスタズブラック)』

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。