体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【完全保存版】植物の育て方ガイド|植木鉢・サイズの選び方編

【完全保存版】植物の育て方ガイド|植木鉢・サイズの選び方編

園芸店の鉢売り場に行くと、いろいろな植木鉢がありますよね。でも、実際にどのサイズの植木鉢を買えばいいのかわからない、鉢に対して土はどのくらい用意すればいいの? という人も多いのではないでしょうか? そこで、正しい植木鉢の選び方を園芸店「プロトリーフ ガーデンアイランド玉川店」に教えてもらいました。

目次

植木鉢のサイズは【1号=3cm】

植木鉢の種類

植木鉢のサイズは【1号=3cm】

「号」という表記は、植木鉢のサイズの単位。1号は直径(口径)3cmで、号数が大きくなるにつれ3cmずつ直径が大きくなっていきます。
鉢の裏には直径でなく「号数」が書かれていて、ネットショップでも「3号」「5号」と記載されているはず。購入前には、こちらの「植木鉢のサイズ早見表」を使ってサイズをチェックしてくださいね。
また、次の4つのことにも注意しましょう。

※土の量は目安です。根鉢の大きさや鉢の形によって前後します。

 

【Point1】最適なサイズを選ぶ

植木鉢と同じで、苗にも号数がふられています。苗と植木鉢を同時に購入するなら、苗の号数より1〜2号大きなサイズの植木鉢を選びましょう。
植木鉢のサイズは植物の種類によってもちがうもので、たとえば生長がゆるやかな植物ならまずは苗よりひとまわり大きいサイズの鉢でOK。生長が早ければその分、根の生長スピードも速いので苗よりふたまわり大きな鉢を選んでおいたほうがいいでしょう。
根に対して植木鉢のサイズが小さいとすぐに水切れを起こしてしまいますし、大きいと水が土の中に留まりやすく根腐れの原因になります。

 

【Point2】植木鉢の“深さ”もチェック

高さが口径より小さな植木鉢を浅鉢、口径より大きな植木鉢を深鉢といいます。
浅鉢と深鉢にも適した植物があり、根が横に広がる多肉植物のようなタイプは浅鉢に、根が長く伸びる樹木のようなタイプは深鉢に植えます。

 

【Point3】植え替えの場合はひとまわり大きなサイズの植木鉢をチョイス

定期的に行う植え替え作業では、それまでの植木鉢よりひとまわり大きくして根が生長できるようにしてあげます。
3号の植木鉢だったら次は4号の植木鉢、4号の植木鉢だったら次は5号の植木鉢と、少しずつサイズを大きくしていくのがポイント。

 

【Point4】受け皿も忘れずに

鉢底には、排水のための穴があいているので室内で育てるときには受け皿がないと床を汚してしまいます。
受け皿がセットの植木鉢か、別売りの場合も一緒に買うようにしましょう。

 

植木鉢の種類

鉢は素材にもさまざまなものがあり、各素材にメリットがあります。素焼き鉢、プラスチック鉢、陶器の化粧鉢、木製鉢の4種類をご紹介します。

素焼き鉢
素焼き鉢は粘土を焼いてつくられる鉢。表面が多孔質で、空気を通したり、水分を適度に排出します。水はけのよい環境をキープできるので、根腐れ予防にはぴったり。
ただし重いので、大きなサイズの植木鉢になると移動に少し苦労します。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。