ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ポケットサイズでスイス製!ポータブル浄水フィルター「DrinkPure Home」はもち歩きにも便利

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
日本の水道水は割としっかり浄水されているといわれるものの、飲んでみるとやはり多少匂いが気になることもあるだろう。そのため、浄水フィルターやブリタのような浄水用アイテムを使っている人も多いはずだ。

しかし、水に特にこだわりをもっている人は、自宅外で口にする水にも手を加えたいのでは?今回紹介する「DrinkPure Home」は、そんな人にこそオススメしたい。

・ポータブル浄水フィルターに?

この、ただ蛇口に取り付けるだけの浄水フィルターは、そのシンプルな見た目とは裏腹に、バクテリア、マイクロプラスチック、さび、水あかなど、そのほか水に潜むさまざまな異物を取り除いてくれる。既存の蛇口部分を取り替えるだけで利用できるのと、外付けパーツが別れているわけでもないので、これなら簡単にもち運ぶことができるだろう。

もちろん、外出先でミネラルウォーターを買う人も多いはずだが、よく行く外出先やホテルであれば、いっそのことこの浄水フィルターを取り付けてしまってもよいだろう。体だけでなく財布にも優しいのはいうまでもない。

・フィルターの取り換えタイミングも把握

1つのフィルターでおよそ500Lほどまで使えるそうなのだが、もちろん中のフィルターの取り換えは必要になる。一般的に、フィルターの替え時を把握するのは簡単なことではない。

この浄水フィルターは、QRコードをスマホで撮影することで、自動的にスマホのカレンダーに替え時(2ヶ月後)を登録してくれる。手入力でカレンダーに入力すればよいのと、人によって水の利用量が違うため、この機能がどれくらいプラスになるのかは怪しいところだが、忘れる人も多いくらいなので、あって損はない機能だろう。

DrinkPure Homeは、現在Indiegogoにてキャンペーンを実施しており、1つ44ドル(約5000
円)で注文できる。発送時期は2018年3月頃のようだ。

執筆:Doga

DrinkPure Home/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。