ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

いきものがかり水野がミスチルに褒められた曲は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

いきものがかり水野がミスチルに褒められた曲は?
J-WAVEでオンエア中の「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。木曜はいきものがかりの水野良樹とお届けしています。10月19日のオンエアでは、音楽に関する質問に水野が次々と答えました。その中からいくつかを紹介します。

Q:歌詞を書く時は、楽器を使う? それともパソコン?
「パソコンです。パソコンの画面があって、鍵盤があって、曲作り用のデモセッションが作ってあって、自分が作りやすいようにテンプレートが作ってあります」(水野、以下同)

Q:作詞は、練習したらうまくなる?
「多分、うまくなると思うよ。自分も歌詞を書き始めた頃と比べると、絶対に今の方がうまいと思う。それが良いことなのかどうかは、聞き手によると思うけど…うまくなってるとは思います。センスや才能のことを言いがちだけど、作詞は技術論なので、それはすごく大事です」

Q:ボキャブラリーを増やす方法は?
「まず、ボキャブラリーを増やすことが、作詞にとって良いことなのかどうか…。例えば『好きだよ』っていう言葉を違う種類の言葉にしたことで、分りやすいのかどうかっていうところはあるし、伝わらないといけないので、特別な言葉を使えば良いっていう訳でもないと思います」とのことでした。

ただし、水野は「類語辞典」「辞書」は参照しているそうです。「三文字でハマるようなメロディーがある時に、三文字で収まらない場合は類語でヒントを得ることあります」と、明かしました。藤田は、水野の話を聞いて「水野さんは、気分や思いつきではない部分を大事にしているのでは」と指摘。水野は「確かに大事な気がします。あと、自分の才能をそこまで信じていないというか…技術論がきちんとあった上で、そこにセンスが加わると、掛け算のようになっていくと思います」と答えました。

Q:いろいろな人に楽曲を提供していますが、いきものがかりの曲と、曲作りは同じ?
こちらは非常に多かった質問だそうです。水野によると、アーティスト本人のことを考えるのはもちろんですが、その先(出口)にいる人が、どんな顔をするかを考えるそうです。「例えば、矢沢永吉さんのファンが矢沢さんに求める世界観と、松浦亜弥さんのファンが松浦さんに求める世界観とでは違うから…。いきものがかりの出口にはいろいろな人がいるので、どの人にも分かりやすいように書いています」と、解説しました。

Q:人生で一番よくできたと思う曲は?
「『帰りたくなったよ』です。このフレーズのコピー感というか、『帰りたくなったよ』という言葉だけで広がる感情があって、想像できる画がそれぞれの人たちにあるということ。あとは、Bメロがすごくよく書けたんです。人生で最高のBメロです」と答えました。

水野は、Mr.Childrenの桜井さんに「ハーフディミニッシュコードの使い方がうまい」と言われて、感激したことがあるそうです。

そのほか、「いきものがかりが鼻濁音を意識して使われているのは、水野さんからの提案? 吉岡さんから?」といった質問に、じっくりと答えました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。