体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ねごと、前作からわずか10か月後に5thアルバム『SOAK』をリリース

ねごとが、2017年2月に4thアルバム『ETERNALBEAT』をリリースしてから、約10ヶ月というハイペースで5枚目となるフルアルバム『SOAK』を12月13日にリリースすることが明らかになった。
ねごと (okmusic UP's)

アルバム『SOAK』は、全11曲収録。エレクトロミュージック色を強く融合し話題となった前作アルバム『ETERNALBEAT』の世界観を踏襲ししながら、R&B・シューゲイザー・ダウンビート・ドラムンベースと幅広いジャンルの要素を織り交ぜ更に進化したアルバムになっているとのこと。6月にリリースされたBOOM BOOM SATELLITES中野雅之プロデュースによるダンスナンバー「DANCER IN THE HANABIRA」、9月1日全国ロードショー 映画『トリガール!』の挿入歌として起用された爽快なメロディの「ALL RIGHT」、さらに、同映画主題歌として起用されたスピッツの代表曲「空も飛べるはず」カバーもボーナストラックとして収録される。初回生産限定盤は、「DANCER IN THE HANABIRA」のMusic Videoと同曲の東京ゲゲゲイ YUYUによるDancerバージョン、さらに6月に恵比寿LIQUIDROOM で行われたライブ「ETERNALBEAT NIGHT」から、当日ライブ初披露となった3曲を収録したDVDとの2枚組仕様。

また、2017年3月にZepp DiverCityで開催された『ねごと ワンマンツアー2017“ETERNALBEAT”』ツアーファイナルも模様を収めたLIVE DVD&BD『“ETERNALBEAT”TOUR 2017』も同日発売。アルバム『SOAK』と同時購入者には、W購入者特典も予定している。詳しくは後日発表されるとのことなので、楽しみにしておこう。

さらに、アルバム『SOAK』を引っ提げて、約1年ぶりとなる全国ワンマンツアーも開催決定。2月9日(金) 東京 恵比寿 LIQUIDROOMを皮切りに、全国15本開催。チケットの先行予約が、10月20日21:00~ オフィシャルモバイル会員サイト『NEGOTO hiroba』にてスタートする。
【蒼山幸子(Vo&Key)コメント】

「『SOAK』という、新しいアルバムが出来ました。意味は“染み込む”。2017年は『ETERNALBEAT』というアルバムを出し、シングルも出し、そして新たにこの『SOAK』が生まれました。2017年、駆け抜けていくほど、生み出すことへの情熱がより濃くなっていった感覚があって、その貪欲さに正直でいたいなと強く思いながら作ったアルバムです。名前の意味の通り、ぐさっと心の底へ染み渡っていくような、胸のどこかが滲んで、でも強くなれるような。そんな作品になった気がしています。心に置いてもいい、と思える一枚になったらうれしい。ぜひ聞いてください」
アルバム『SOAK』
2017年12月13日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

KSCL 3010-3011/¥3,700+税

<収録曲>

■CD

01.DANCER IN THE HANABIRA

02.INSIDE OUTSIDE

03.WORLDEND

04.サタデーナイト

05.Fall Down

06.moon child

07.undone

08.ALL RIGHT

09.シリウス

10.水中都市

11.空も飛べるはず [Bonus Track]

■DVD

01.DANCER IN THE HANABIRA -Music Video-

02.DANCER IN THE HANABIRA -Music Video -Dancer ver.-

03.DANCER IN THE HANABIRA 2017/6/26 LIQUIDROOM 「ETERNALBEAT NIGHT」

04.空も飛べるはず 2017/6/26 LIQUIDROOM 「ETERNALBEAT NIGHT」

05.ALL RIGHT 2017/6/26 LIQUIDROOM 「ETERNALBEAT NIGHT」

【通常盤】(CD)

KSCL 3012/¥2,870+税

<収録曲>

■CD

01.DANCER IN THE HANABIRA

02.INSIDE OUTSIDE

03.WORLDEND

04.サタデーナイト

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。