体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

有田焼でできたゲランの香水ボトル、そこには「目には見えない」美しさがあった

有田焼でできたゲランの香水ボトル、そこには「目には見えない」美しさがあった

「最高のフレグランスは、
 最高のボトルに包まれなくてはならない」

1828年に誕生して以来、皇室御用達の高級フレグランスメゾンとしての地位を確立し、数々の名品を世に送り出してきたゲランの信念だ。

そして、ゲランがこの秋発売した新作『フォール フラワーズ』には、限定スペシャルボトルに有田焼が使われている。

ゲラン meets 有田焼

有田焼でできたゲランの香水ボトル、そこには「目には見えない」美しさがあった

『フォール フラワーズ』オーデ パルファン 有田焼スペシャルボトル 100ml(数量限定)

貴重な限定品のひとつとして、2017年10月1日に発売された『フォール フラワーズ』。このフレグランスのボトルは、1804年創業の有田焼窯元、弥左ヱ門窯のブランド、ARITA PORCELAIN LABとのコラボレーションによるものだ。

ゲランがARITA PORCELAIN LABと組むのは、昨年に続きこれが2回目。昨年は、1919年に誕生したゲランの名品『ミツコ』の特製バージョンが発売された。これは、有田焼創業400年を記念した商品でもあった。有田焼でできたゲランの香水ボトル、そこには「目には見えない」美しさがあった

2016年5月1日に発売された、『ミツコ』有田焼スペシャルボトル ミツコ オーデトワレ 75ml (数量限定につき販売終了)

有田焼、そして
弥左エ門窯の歴史

有田焼が始まったのは元和2(1616)年のこと。有田の泉山で白磁鉱が発見され、そこで天狗谷窯が開かれた。それが日本初の磁器生産となった。

それ以降、有田では豊富な天然資源を背景に、素朴な味わいの「初期伊万里」、余白と赤絵が美しい「柿右衛門」、洗練されたデザインの「色鍋島」といった有田焼の様式ができあがっていく。その後、海外との貿易がさかんになるにつれ、赤絵・色絵などに金彩を加えた豪華絢爛な「金欄手様式」が誕生した。

ゲランとコラボレーションした弥左ヱ門窯は、その有田の地で200年もの歴史をもつ窯元だ。

そんな歴史ある弥左ヱ門窯が、モダンブランド、ARITA PORCELAIN LABをスタートさせたのは平成16(2004)年のこと。培ってきた技術を活かしながら、クオリティを担保する一貫生産にこだわり、現代のライフスタイルに合う有田焼を作り出している。

美しくラグジュアリーな有田焼を生み出せる高い技術、それを現代に活かそうとするチャレンジ精神。それこそが、ARITA PORCELAIN LABがゲランの「最高のボトル」を実現するにいたった理由だ。

ゲランの“伝説”に挑む!

有田焼でできたゲランの香水ボトル、そこには「目には見えない」美しさがあった有田焼でできたゲランの香水ボトル、そこには「目には見えない」美しさがあった
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。