体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地球で一番「BIGな樹」は、意外すぎる場所にあった。

地球で一番「BIGな樹」は、意外すぎる場所にあった。

世界一背が高くなる樹、通称「レッドウッド」(正式名称セコイアメスギ:スギ科セコイア属)が自生することで知られる、アメリカ・カリフォルニア州の「レッドウッド国立州立公園」。

100mに届かんばかり、およそ30階建てビルほどの高さを誇る樹々たちが14,000エーカー(5,666ヘクタール)の広大な森を形成しています。あまりに規格外の高さなので、いつしか感覚が麻痺してその異常さに慣れてくる、という摩訶不思議な体験ができるこの場所で、トレッキングをしてきました。地球で一番「BIGな樹」は、意外すぎる場所にあった。

100mに迫る巨木がいたるところに。
背が高すぎて、樹のてっぺんが見えない!

国立公園大国
「アメリカ」

地球で一番「BIGな樹」は、意外すぎる場所にあった。

ちなみにアメリカ全50州には、59もの国立公園が存在。なかでもカリフォルニア州にはヨセミテ国立公園やデスバレー国立公園など、9つもの国立公園が集中しています。カリフォルニアへ行くなら、日本では絶対に見ることのできない絶景に、口をあんぐり開けて、ただただ圧倒されてみたいもの。

地球一高い樹「BIG TREE」は
レッドウッド国立州立公園にある

地球で一番「BIGな樹」は、意外すぎる場所にあった。

最高齢の樹は、なんと2200歳ほどだとか。
人と樹の比率の異常さに注目してほしい。地球で一番「BIGな樹」は、意外すぎる場所にあった。

レッドウッド国立州立公園の中でも、死ぬまでに一度は見てみたいのが、世界一、いや地球一高い「BIG TREE」。地球一タッパのある生物とも言えますよね。

トレッキングルートにあるBIG TREEの方角を指し示す看板にテンションが上がらない者はいないでしょう!地球で一番「BIGな樹」は、意外すぎる場所にあった。

パークレンジャー・シーナさんたちのガイドで、
レッドウッドの森の中をトレッキングする取材班。

で、BIG TREEはどこ?

しかし歩けども、歩けども、BIG TREEは一向に現れません。「本当にあるのかな?」と疑心暗鬼になりながらも、いつしか私たち取材班は、レッドウッド国立州立公園に生息する、個性豊かな樹々たちに魅了されていきました。

幹が細いもの、太いもの、大きくツイストしているもの、そのパーソナリティーは実に様々。地球で一番「BIGな樹」は、意外すぎる場所にあった。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。