ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【仲宗根 泉 インタビュー】「366日」「NAO」、バラードの女帝・仲宗根 泉(HY)が1分間のバラードを書き上げた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

HYを支えるソウルシスター仲宗根 泉のソロアルバム『1分間のラブソング』は、自身がInstagramに上げた歌のスケッチを、HYとは違うテイストで仕上げた美しく愛しい作品集。同時発売の書籍『1分間のラブソング~あなたはあなたでいい~』も併せてチェックしてほしい。
 (okmusic UP's)
──力のこもったソロアルバムというよりは、親密なプライベートアルバムという手触りの作品だと思いました。
「本当に自分のやりたいことをやって、常日頃から思っているHYの泉ではなくて、仲宗根泉として曲を書けたと思います。“こういうふうに書いたほうが売れるかな?”とかは一切考えずに、ただインスタを見ていて目に留まった、ひとりのファンの方に届けばいいなと思って書いたので。HYの仲宗根泉が書く詞よりも、もっと心に寄り添っている、近しい人が書いたようなアルバムになってるかなって思います。」
──まさに。そもそもインスタで1分間の曲を作ってアップしようというのは、どういうきっかけで始まったんですか?
「私はおせっかい焼きババアみたいなところがありまして(笑)。人生相談とか、困っている人を見ると自分の考えを言いたくなるんですよ。インスタに悩みを書いてくるのは会ったこともない人ですけど、それを知って“ふーん”で終わらせることはできなくて。“じゃあ、あなたが今夜よく眠れるように私が曲を書くから、ちょっと心が癒されて明日も頑張ってね”みたいな感覚で最初は始めました。」
──歌詞も曲も、その場で作るんですか?
「全部即興ですね。曲がそのまま降りてきて、それをコード譜に起こすだけなんで、2〜3分でできちゃうんですよ。HYの曲を書く時はやっぱりいろいろ考えるし、待ってても降りてこない時もあるんですけど、今回のアルバムに関してはただの1曲も悩んだことはなくて、インスタのコメントを読んでいて自然に出てきた想いと、自分の感情に合わせて降りてきてくれた。インスタには1分という制限があるので、構成がシンプルなのはそれが理由なんですけど、いつものA→B→Cという構成じゃなくて、AとCだけでもこんなに伝えることができるんだなって、学んだことは多いですね。HYの私が書く曲って長ったらしいじゃないですか(笑)。」
──そんなことないですけど(笑)。
「こんなに短い言葉で言いたいことが言えるなら、そのほうがいいなと思うんですね。」
──“1分間のラブソング”というタイトルで、ほとんどが恋の歌ですけど、「いつかあなたの夢が」「You Know」「today」は恋の歌というより励ましの歌ですよね。
「「夢の中でも」も恋の歌ではないです。私のおじいちゃんが亡くなって、夢の中にも現れてくれなくて、すごく寂しいという気持ちを曲にしました。恋愛と思ったとしても、そうじゃない歌詞も結構あります。男女の関係じゃなくても、大きな愛で括ったラブソング”という感じです。」
──「いつかあなたの夢が」はファンからのリクエストが一番多くて、1分間の曲を1曲の長さに膨らませたという。
「そうです。この曲が一番フルで聴きたいという声が多かったので。ただ、他の曲も“色を付けたらこんな素敵な曲になるんだ !?”と思って、結果的にほとんど1分以上になってるんですけど。今後はこれをHYのほうに持って行けたらいいと思っているし、すごくいい曲が書けたと思ってます。」
──ちなみにHYのメンバーは演奏に関わってるんですか?
「まったく関わってません、あいつらは(笑)。」
──あはは。あいつらって(爆笑)。
「私がインスタをやってる時、もちろんHYのことを考えながら発信したりしますけど、自分の音楽に関しては“これはメンバーを入れてもいい、でもこれは自分だけでやりたい”というものがあるので。今回は生バンドでやっているものもありますけど、リズム感とか雰囲気とか、たぶんあいつらにはできないだろうなと(笑)。だから、他の方にやってもらいました。」
──(笑)。英語の歌詞が1曲ありますよね、「このギターと愛と」という。なぜ英語詞に?
「もともと作っていた時から、伝えたい雰囲気が日本語じゃないなと思っていたので。コルビー・キャレイがすごく好きで、それっぽい曲を1回作りたかったんですけど、みんなの思う私のイメージって昭和の感じのラブソングというか(笑)。」
──あはは。そうですかね。
「じゃなくて、もっとお洒落な感じも好きなんですよ。でも、このグルーブはメンバーじゃ出せないからHYではできない。だから、ここでどうしても作りたかったんです。いつか挑戦したいなと思っていたことが、ここで叶って嬉しいです。」
──繊細な打ち込みのビートの「それでいい」とかも、HYではないような泉さんならではの曲だと思います。
「もともと私はああいうクラブ寄りの音とかR&B系の曲が好きなので。J-POPをそんなに聴かないんですよ。だけど、HYの5人が合わさるとJ-POPのあのかたちになるんです。それはHYとしてはいいんですけど、仲宗根泉としてアルバムを出す時には、やっぱり自分の好きな路線を伸ばしていきたいと思っていて。」
──いろんな人に届くといいですね。
「“昔はHYを聴いてました”とか、“久しぶりにフェスで観て、また聴き始めました”とか、そういう方がすごく多いんですよ。そういう方たちに“HYはあなたたちの知らない間にこんなに成長して、今はこういうラブソングを書けるようになったよ”という意味でも、いろんな人に聴いてほしいなと思いますね。」
──そうそう、最後に同時発売の本についても紹介を。
「私がインスタに上げる詞に対して、あまりにも反響が大きかったんですよ。前に2冊出してるんですけど、“やっと新しい本が出ますね”って喜んでくれるお客さんがすごく多くて。インスタに上げてる詞に新しい詞を追加して、写真とエッセイも入れたら180ページぐらいのボリュームになっちゃって、すごく読み応えがあるけど、ひとつひとつは短くて分かりやすいので、ぜひ読んでみてほしいと思います。」
取材:宮本英夫
アルバム『1分間のラブソング』
2017年10月25日発売

ユニバーサルミュージック

UPCH-2139

¥2,000(税抜)
書籍『1分間のラブソング ~あなたはあなたでいい~』
2017年10月25日発売

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

¥2,000(税抜)

※書籍Ver CD封入
仲宗根 泉
ナカソネイズミ:HYのキーボード&ヴォーカル。2000年、HYを結成。現在も沖縄に在住し、全国・世界へと音楽を発信している。アーティストであり、母でありアーティストである彼女ならではの視点で紡がれた言葉とメロディーは日常の中にあるリアルな感情を呼び起こし、さまざまなかたちのラブソングとなって心に響く。彼女のInstagramに不定期にアップされる“Izupera”という1分間の楽曲が、フォロワーの心を掴み話題となり、タイトルはそのまま「1分間のラブソング」として17年10月にCDアルバム&書籍を同時発売。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。