体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新型N-BOX登場で、軽ハイトワゴンの中古車相場に何かが起こる!?

▲軽ハイトワゴンの無敵艦隊と呼べそうなN-BOXとN-BOXカスタム。フルモデルチェンジは軽ハイトワゴンの中古車価格にも大きな影響を与えるでしょう

▲軽ハイトワゴンの無敵艦隊と呼べそうなN-BOXとN-BOXカスタム。フルモデルチェンジは軽ハイトワゴンの中古車価格にも大きな影響を与えるでしょう

フルモデルチェンジ直前まで売れまくった初代N-BOX

ホンダ N-BOXがフルモデルチェンジしました。

一般的に新車の販売はフルモデルチェンジ後が最も売れて、その後だんだんと月販台数が減っていきます(新しいライバル車種などが登場しますからね)。ところが初代N-BOXは2011年のデビュー以来売れに売れまくり、モデル末期となる今年に入ってからも新車販売台数が軽四輪車トップに君臨し続けるというこれまでの車に類を見ないモンスターマシンでした。あまりにも売れているから「わざわざモデルチェンジしなくてもいいのでは?」と冗談を言っていた業界関係者も少なくありません。

▲新型N-BOXで大きく進化した部分のひとつがシートアレンジ。後席スライドに加え、助手席を57cmもスライドさせて、前後席のアレンジを自在にしました

▲新型N-BOXで大きく進化した部分のひとつがシートアレンジ。後席スライドに加え、助手席を57cmもスライドさせて、前後席のアレンジを自在にしました

驚異的な販売台数を記録し続けるモデルの後継車種を開発するのはとてつもないプレッシャーだったでしょう。登場した新型は、スタイリングは見事なまでのキープコンセプト。そして機能を大幅に進化させてきました。新型N-BOXも間違いなくヒットモデルとなるでしょう。そのとき、軽ハイトワゴンの中古車相場はどのように動くのでしょうか。

初代ホンダ N-BOX--初期型の相場が下がることに期待!

▲フルモデルチェンジする直前まで売れまくっていた初代N-BOX。これからはとくに2011~2012年式の値落ちに期待です!

▲フルモデルチェンジする直前まで売れまくっていた初代N-BOX。これからはとくに2011~2012年式の値落ちに期待です!

新型N-BOXの登場で最も気になるのは初代N-BOXの相場動向です。新型はスタイル的には大きく変わりませんが(たぶんミニなどと同じように車にそこまで詳しくない人はぱっと見て初代か2代目かわからないはず)、安全装備、シートスライド、荷室空間などが初代より飛躍的に向上しているため、機能性を求める初代ユーザーの買い替えがそれなりにありそう。しかも初代前期型の中心である2012年式が2度目の車検時期にかかっているため、これをきっかけに買い替えを検討する人もかなりいるはず。新型へのモデルチェンジを機にとくに前期型の流通量が増加し、中古車相場がかなり動く可能性があります。

2017年10月13日現在、2012年式の中古車流通量は約1600台、中心価格帯は総額100万~130万円。初代N-BOXは流通量こそ多いものの人気が高いため、なかなか中古車相場が下がりませんでしたが、今後は総額80万円前後で走行5万km未満という中古車が見つけやすくなると予想します。また1100台以上ある2017年式の登録済み未使用車も新型の登場により、しばらくすると現在より価格が下がるのは間違いありません。

▲新型は室内空間の使いやすさが大幅に向上しましたが、初代も車内がとても広く使いやすいのが特徴です

▲新型は室内空間の使いやすさが大幅に向上しましたが、初代も車内がとても広く使いやすいのが特徴です

現行型ダイハツ タント--安全装備と予算のバランスが合うものをチョイス

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。