体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノンフィールド・ダンジョン探索型フリゲRPG『夢幻の塔』公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題はノンフィールドRPGの新作公開など8本です。

ノンフィールド・ダンジョン探索型RPG『夢幻の塔』公開
mugen-tower-1 mugen-tower-2 mugen-tower-3

こうさか氏は14日、ダンジョン探索型RPG『夢幻の塔』をフリーゲームとして公開した。

プレイヤーが作成したキャラクターでパーティを組み、塔の最上階を目指していく作品。塔での探索はノンフィールド形式で進行し、戦闘や宝箱、NPCとの遭遇といったイベントがランダムに発生する。

キャラクターの作成時はクラスや容姿を選び、レベルアップで増えるポイントを消費してクラスごとに多数用意されたアクティブ・パッシブスキルを任意に取得していくなど、自由度の高いキャラクタービルドが特徴。多くのアクティブスキルにはクールタイムが設定されており、戦闘ではさまざまなスキルを駆使して戦うのが醍醐味となっている。

塔は5階ごとにボスが待ち受けるほか、ゲームを進めると討伐依頼の対象となっている強敵とランダムに遭遇することも。塔の探索ではさまざなな付与効果が施された装備品なども入手でき、キャラクターカスタマイズと戦闘を存分に楽しめる作品だ。

人工くらげ、ホラーノベルゲーム『ビフォー・アライビング・アット・ザ・ターミナル』体験版公開
baatt-1 baatt-2

同人サークル人工くらげは14日、ホラーノベルゲーム『ビフォー・アライビング・アット・ザ・ターミナル』の体験版を公開した。

とある地方都市を舞台にした作品。主人公の青年が、子供の頃から体験してきたいくつもの不思議な出来事を語っていくという形式で、主人公が小学生の頃から大学生の頃までのエピソードを収録した短編集という体裁が取られている。

各エピソードは時系列が入り乱れており、オカルト好きの友人やその親戚の霊感少女など主人公を取り巻く人々との関係が断片的に描かれるのも興味を惹く内容となっている。また、誰かに語り聞かせるという形式ならではの物語演出も見どころだ。

完成版は現在開発中で、2017年冬に発表予定。また同サークルのサイトには本作のWeb小説も掲載されており、ゲームと小説がお互いを補完しあうような内容になっている。

チャイルドドリーム、将棋ミステリーADV『千里の棋譜・完結編』ブラウザ版公開
senri-no-kifu-1 senri-no-kifu-2

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。