体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「なんで大変だったねの一言が言えないの?」夫に聞くと意外な答えが。男脳と女脳の差を埋めるもの by ナナハル

生活・趣味
「なんで大変だったねの一言が言えないの?」夫に聞くと意外な答えが。男脳と女脳の差を埋めるもの by ナナハル

これは前回かいた児童館での出来事を夫に話した時のことです。 前回エピソード:同じ“子をもつ親”でも考え方は人それぞれ。投げ癖で気づかされた児童館でのある出来事 by ナナハル

f:id:akasuguedi:20171017091311p:plain

夫に育児のことを相談するとたいてい「じゃあこうしたらいい」、「それはこの行動が悪かった」などと指摘をしてきます。

育児歴は私と同じで子供と離れている時間は夫の方が長いはずなのに、なんだかやや上の方からの軽めな返しにモヤモヤ…

つい「真剣に考えてよ!」なんてトゲトゲした返しをしたくなってしまう…(しかしこらえる)

ああ~。これが母親や同じ子どもを持つ友人だったら「そんなことがあったの?大変だったね、わかるよ」なんて言ってくれそうなもの。 関連エピソード:わかるー!の一言で心が晴れやかに。欲しかったのは「理解や解決」じゃなくて「共感」でした by ナナハル

どうして夫にはそれが言えないのだろう?

そんな疑問を持ち聞いてみると・・・f:id:akasuguedi:20171017091504p:plain

・・・というのです。

かれこれ9~10年一緒にいる夫、そういう風に考えているとは知りませんでした!

(てっきり何も考えていないと・・・笑)

私なりに図にするとこういう感じ。

f:id:akasuguedi:20171017091602p:plain

私の好きな本に「話を聞けない男、地図が読めない女」という本があります。

男と女では脳のつくりが違うということが例を交えてわかりやすく科学的に説明されているのですが、夫の言葉を聞いてこの本を思い出しました。

最後に読んだのは5年ほど前…

男脳、女脳なるものがありそれぞれ考え方が違い、確か私は女脳と男脳どちらもというタイプだったのだけれど、夫はがっつり男脳だった気がします。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会