ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

NYのジャズシーンで超有名な日本人キーボーディスト

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NYのジャズシーンで超有名な日本人キーボーディスト
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。10月19日(木)のオンエアでは、BIGYUKIさんをゲストにお迎えしました!

BIGYUKI(平野雅之)さんは、アメリカのバークリー音楽大学在学中からセッションプレイヤーとして活動。2015年にアメリカの雑誌『JAZZ TIMES』が行なった読者投票の“ベストシンセサイザー部門”で4位に選出された、ニューヨークのジャズシーンでは知らない人はいない人物なのです。

BIGYUKIさんは、子供の頃に家でお母さんが趣味でピアノを弾いているのを見てピアノに興味を持ち、お母さんが習っていた先生に、ピアノを習うようになりました。その後、先生が変わり、高校卒業後には渡米。名門バークリー音楽大学に入学します。この時のことをBIGYUKIさんは「俺が今まで人生でした決断の中の一番大きなこと」と振り返っていました。

バークリーは音楽のことが大好きで才能に溢れた人たちが集まる学校だそう。

「“天才”っていろんな文脈で聞くじゃないですか。でも、天才がいったいどういうものかってなかなか感じられないですけど、バークリーで見た、同学年の世界中から来てる生徒たちの演奏なんかを見たりして、肌で『特別なものを持ってる人っているんだな』って思いましたね。そういう人に出会えたことが、まず、良かったことのひとつだと思います」(BIGYUKIさん)

その後、ボストンからニューヨークに拠点を移したというBIGYUKIさんに「日本に帰るっていう選択肢はなかったんですか?」と尋ねる寺岡。迷ったこともあるそうですが、ニューヨークの人々の「何かをやってやろう!」という動物的な熱気にワクワクしたそう。同時にニューヨークに住む人たちの“現状に満足していなそうな一体感”が自分に必要なのではと思い、ニューヨークに住むことを決めたのだとか。

そんなBIGYUKIさんのアルバム「Reaching For Chiron」が11月1日(水)にリリースされます。オンエアでは収録曲から「Pom Pom」を初オンエア! さらにその後、スタジオライブも披露していただきました。世界で活躍する日本人の音楽…聴いてみてはいかがでしょうか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。