ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

こんなところで暮らしてみたい! 居住空間を備えたArkupのヨットがゴージャスすぎる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ヨット、イコールお金持ちの所有物というイメージが世の中には定着しているかと思うが、このほど発表されたヨットはそのイメージにぴったりだ。

ゴージャスな居住空間を備えていて、さながら水上を移動する高級ホテルといった風情。通信設備や太陽光発電などテクノロジーを駆使した最新のハイエンドボートハウスだ。

・水上の高級ホテル

米国フロリダに拠点を置くArkupが開発したヨットのコンセプト図を見ると、まったくヨットのようには見えない。高級ホテルの一室が水上に浮かんでいるといった感じだ。

しかし、136馬力のアジマススラスター2基を備え、水上を移動できるれっきとしたヨット。最高スピードは時速7ノット(約13キロメートル)とさほど速くないが、好きな場所に移動して停泊できるのが売りだ。湾や湖に浮かべ、街の様子を水上から眺めながら暮らせる。

・水中に固定することも

ただ浮かぶだけでなく、浅瀬(水深6メートルまで)では水底に”足”をつけ、居住空間を水面からもち上げることも可能となっている。こうすることで揺れを抑えることができる。

水上という特殊な環境だけに安全性が気になるところだが、カテゴリー4クラスのハリケーンにも耐える強度を持つとのこと。

・LTE通信を敷設

また、暮らすからにはライフラインは必須だが、電気は出力30キロワットのソーラーパネルで賄え、雨水を貯めて濾過する施設もある。加えて、衛星テレビやWi-Fi用のアンテナを備え、LTEも敷いている。

一方、210平方メートルもある居住空間はというと、広々としたリビングにキッチン、4つの寝室があり、ベッドはキングサイズというラグジュアリーぶりだ。

・拡張式のデッキで日光浴

また、日光浴などを楽しむためのデッキは、スライド式で拡張できる仕様。洗濯・乾燥機部屋やゴミ圧縮機械ユニットなども用意されている。

バカンスで一時的に滞在するもよし、普段の住まいとして使うもよしのこのヨット、まだコンセプトの段階だが、開発元はホテルやレストランなどにも活用できるとアピールしている。

Arkup

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。