体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Asia Fashion Collection」NYへ進んだ3ブランドを発表

バンタンとパルコが主催する、アジアの若手デザイナーを発掘・インキュベートするプロジェクト「Asia Fashion Collection(以下AFC)」が10月15日(日)、東京・恵比寿のEBiS303で開催された。 

このランウェイショーは、ニューヨーク・ファッションウィーク(以下NYFW)に参加する日本代表デザイナーを決める国内最終予選でもあり、国内の参加デザイナーたちにとっては、夢へのチャンスを掴むための二つとないステージでもある。そんなスターダムステージに挑んだのは、計7ブランド。さらに、各国の予選ですでにNY参加が決定している韓国、台湾、香港の3ブランドをゲストに迎え、全10ブランドによるランウェイショーとなった。


 

700人に上る観客が見守る中、日本からアジアのファッション業界を担う若きデザイナーたちのオリジナルコレクションが代わる代わる登場した。
感情的な部分を繊細に汲み取り、少女性を残しながらも攻めるところはとことん攻めた「Fumiku」をスタートに、代わる代わるショーを彩るオリジナルコレクションたち。


 

“誰かが何かをするための服”をテーマに、すべてのルックに一貫したストーリーを感じさせた「YYUYY」、人の感情や街の景色など、五感で感じ取るものからのインスピレーションを見事に形にした「epi a la mode」。
「TSUYOSHI YAO」は、少女性を軸にしながらも、そこに付き纏う大人への憧れもデザインに昇華させた。旅をすることで得る経験やその時間の流れ、そして変化や成長という物語性も表現した「KENICHI」、常識にとらわれない装飾やパターンで、日常における旅のような楽しさと発見を追求した「Rier」、そして、都会の中に自然を感じさせることをテーマに、カラーパワーを駆使し、大胆かつ繊細にコレクションを彩った「AH」。

この7ブランドから、久保田雅也(株式会社ビームス 第1事業本部 BEAMS1部 ウィメンズ課 統括ディレクター)をはじめ、ファッション業界の第一線で活躍する審査員5名による審査により、NYFWへの切符を得たのは以下の3ブランドだ。

『Fumiku (フミク)』デザイナー林史佳(バンタンデザイン研究所 X-SEED)

『AH (エーエイチ)』デザイナー和中碧・HYOWON LEE(バンタンデザイン研究所)

『épi á la mode』デザイナー堤美穂 (デザイン研究所 X-SEED)

想いを乗せたコレクションで、観るものの心を強く動かした3ブランド。
涙ながらに、受賞の喜びと創作の苦労を語ってくれた彼女たちの想いを届けたい。

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。