体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【サイダーガール インタビュー】このアルバムを作れたからあとは何でもできるんじゃないかな

エンタメ

7月にシングル「エバーグリーン」でメジャーデビューした3ピースバンド、サイダーガールの1stフルアルバム『SODA POP FANCLUB 1』が完成した。誰しもが抱えるいろいろな気持ちや状況をポップに昇華した、開放感が味わえる傑作だ。
 (okmusic UP's)
──今回の1stフルアルバムなのですが、事前にイメージはあったのですか?

「今までは分かりやすいギターロックを軸にしてきたんですけど、そこを洗練させていくのか、もっと挑戦していくのか、どっちにしていくかを最初に話し合ったところ、みんな曲を書くし、後者のほうが面白いんじゃない?って。それで、今まで使ってこなかったシンセを入れたりしました。メジャーに行きましたよ!感も出したいと思っていましたね。」
──さまざまな楽曲が作れたのは、個々がサイダーガール以前にボーカロイドなどを使って活動していた経験から、プロデュース能力が高いことも影響しているのかなと思ったのですが。

「曲を作る時にイメージはするんですけど、最終的にかたちにするのはみんなで集まってスタジオで作ってるんで。」
──あくまでバンドで完成させることが大事だと。

「そうですね。僕がずっと生音にこだわっていたのもバンドをやりたかったからなので。」
Yurin
「これを作れたから、あとは何でもできるんじゃないかな。そのための土台が作れた手応えはあります。」
フジムラ
「バンドでもこういう曲はないし、自分でもこういう曲を作ったことがないし、両方において次のステップに行きたかったんです。それはみんな思っていたと思うんですけど。」
──先ほど出てきた“メジャー感”は、歌詞を書く上でも意識されたところはありますか?
Yurin
「自分の内面的なところをより出して、かつ聴いた人の背中を押せればいいなっていう気持ちで書いた曲が多いですね。たくさんの人に届ける手段をたくさん盛り込んだかな。」
──シングルでもリリースされたキラキラの「エバーグリーン」から、《あーあ 何にもやりたくないわ》と歌う「なまけもの」へ続く展開で驚きました。しかも、どちらも知さんの作詞作曲という。同じ人が書いたの!?って。

「そう思ってもらえると(笑)。「エバーグリーン」は自分たちも武器だと思ってるんですけど、ひとつしか武器がないって思われるのは嫌だったので、こういうのもできるよっていうのは出したくて。でも、どう思われるかは心配ですけど(笑)。」
──本音も見えたほうが信用できますよ(笑)。
Yurin
「人間もちょっと腹黒いほうが信用できますしね(笑)。」
──知さんの曲で言うと「成長痛」の歌詞も生々しいですね。

「たまたま親戚の子が成長痛の時期だったんですよ(笑)。で、そこから自分の心もいろんな経験を経て、そのたびに嫌な想いをしたりするので、痛みを伴いながら成長していくのかなって思って歌詞を書いていきました。でも、この曲、あんまり聴き返したくないんですよね。こういう自分がそんな好きじゃないんで…。」
──先に“成長痛”っていうテーマがあったことで、自分の内面が引き出されてしまったっていう? 
Yurin
「ブーメランみたいだね。」

「「なまけもの」は“こういう自分をもっと見て!”って感じなんですけど、「成長痛」はこういう自分も知っててほしいけど、触れてほしくはない…みたいな。」
フジムラ
「面倒臭いな!(笑)」

「面倒臭いんです(笑)。」
──でも、こうやって自らを曝け出す辛さみたいなところには、これから3人ともぶつかっていくかもしれないですね。

「ライヴでステージに立つようになってから、普段の自分とステージの自分が離れていっている気がしていて。ステージでは“こう魅せたい!”っていうのもあるし、そこは葛藤していますね。」
Yurin
「僕はより素の自分を出せてきたかなっていう感じがありますね。このバンドを始めた頃はあんまり自分を出さないほうがいいのかなって思ってましたけど、最近は素直にステージに立てています。曲作りにおいても、あまり難しいことを考えなくなったし。」
フジムラ
「僕は憧れのバンドのライヴ映像を観てると、“なんでこうなれないんだろう?”って悩みますね。でも、歌詞を書く時には変わったところがあって。難しい単語を使うのをやめたんです。今までは難しい単語を使ったほうがドラマチックになるのかなって思っていたんですけど、プロデューサーにそれじゃ伝えたいことが伝わらなくなるって言われて。そんな時にサザンオールスターズを聴いたら、歌詞が魔法みたいに聴こえてきたんです。誰でも分かる言葉なのに、とても感動できて。なので、今はもっとみんなに寄り添える歌詞を作ろうと思ってます。」
──アルバムはYurinさん作詞作曲の「Fourside Moonside」、フジムラさん作詞作曲の「くらし」で締め括られるのですが。
Yurin
「僕は普段バラードを作らないんですけど、これまでバラード担当だったフジムラが普段作らない曲を作るって言っていたから、じゃあ僕がバラードを書こうと。」
──絵本を読んでいるような気持ちになるバラードですよね。そのあとにアッパーな「くらし」で終わる流れがいいなと。
フジムラ
「自分の思い出を成仏させたかったんです。」
Yurin
「フジムラがダウナーになった時期があったんですよ。ね(笑)。」
フジムラ
「大規模な失恋をしちゃったんです。でも、歌詞には二面性を持たせたくて。ひとり暮らしを始めた人の歌詞にも、失恋の歌詞にも聴こえるっていう。いかに悲しい思い出を楽しく聴かせられるかを考えましたね。」
──それは強いですね! あと、アルバムタイトルに“1”と付いているところも気になりました。

「ナンバリングすることによって、次も出したいし、バンドも続いていってほしいっていう意味も込めました。」
Yurin
「早く『ドラクエ』に追いつきたいね(笑)。」

「その頃、俺らおじいちゃんになってるよ(笑)。」
取材:高橋美穂
アルバム『SODA POP FANCLUB 1』
2017年10月18日発売

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会