ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

大豆、ひき肉、豆腐などがたっぷり入った「ソイ丼」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

10月19日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、午後16時50分~)では、サラリーマンに大人気の入りにくいけどウマい店を特集。その中で、「つるかめ食堂」(東京都新宿区)が紹介された。同店は新宿駅の西口から歩いてすぐの飲み屋街「新宿西口思い出横丁」内にあるお食事処だ。

オススメは独特な見た目が特徴の「ソイ丼」(500円)。大豆、ひき肉、豆腐などがたっぷりと入ったお店オリジナルのカレーで、先代が「大豆で何か名物料理を作れないか」と試行錯誤して生み出したメニューなんだそう。リポーターの宮脇理恵子さんは「ソイ丼」を頂くと、「ん!すごく歯ごたえがある豆が、食感が面白い!お肉の脂が溶けて、おいしいコクがある!」と絶賛した。

他にも、牛すじ煮込みとハムのマリネが載った「元気丼」(600円)やミャンマーのラッペという茶葉と干し海老をたっぷり載せた「ミャンマー風お茶っ葉丼」(600円)などが人気。「ミャンマー風お茶っ葉丼」は苦みが癖になる一品で、ミャンマー風といいつつ日本人が食べやすい味になっている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:つるかめ食堂(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:新宿のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:その他の料理のお店紹介
ぐるなび検索:新宿×その他の料理のお店一覧
秋鮭、イクラを8層に重ねた「魚卵屋さんの本気のミルフィーユ」
トリュフクリームを絡めて味わう「トリュフクリーム・ビゴリ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。