ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

もう生まれるの?まだなの?次男のお産はハプニングの連続でした!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20170728193803j:plain長男のお産は、難産でした。ですが、逆に三男のお産は、安産でした。

そして、次男のお産は比較的安産でしたが、ハプニングの連続でした。

関連記事:「2人目は産道ができるから楽」なんじゃないの?! 1人目より痛くて大変だった出産

次男のお産は、予定日より4日ほど早いものでした。

長男のお産は10日も遅れたため、また予定日より遅いだろうと思いこんでいたので、とても驚いたのを覚えています。

お産の日、朝から違和感を感じていました。

子宮が重たく感じるような、鈍痛が起こっていたのです。今思えば、あの鈍痛こそ前陣痛なのだと思います。

しかし、その時はあまり気にせず、「また、お腹が張っているだけなのだろう」と考えていました。

昼過ぎになっても、鈍痛はおさまりませんでした。

さすがに違和感を覚え、トイレに行って見ると、おしるしが出ていたのです。

慌てて同居していた義理の祖母へ言いました。

義理の祖母は、看護師をしていた経験があったので頼りがいがある人です。おしるしを見て「お産が始まるかもしれないから、病院へ行きなさい」と言いました。

そこで、主人が帰宅するのを待ってから、夕方に二人で病院へ行ったのを覚えています。

その日は主治医の先生はおられず、他の先生の内診を受けました。先生は、「内診を見る限りでは、子宮口も閉じているのでお産はまだおこらないでしょう」と言われてしました。

翌週の月曜日が健診日だった為、その時にまた内診をしてみようということで帰宅させられてしまったのです。

入院するものだと思っていた私は、とても拍子抜けをしたのを覚えています。仕方なく、その日は帰宅をしました。

しかし、夜中の2時ごろまたおしるしが出たのです。しかも、鈍痛は夕方の時より痛みを増しており間隔も短くなっていました。

再び、病院に電話したところ、助産師さんに「もう一度来てください」と言われました。

そして、また病院に行き、助産師さんが内診をしてみると、何と子宮口が6センチも開いていたのです!

助産師さんは私のカルテを見て「えっ?!夕方にも来てるの?何でその時入院しなかったんだろね」と首を傾げておられました。

まさかそのまま入院するとは思ってもいなかったので、入院セットを持って来ていませんでした。

主人が慌てた様子で、取りに帰ったのを覚えています。

案内された部屋は、陣痛室と分娩室が同じ部屋になっているタイプ。ベットに横になり陣痛に耐えていました。

痛みは、長男の時程ではありませんが、陣痛の間隔が短くなるのが早く、すぐ苦しくなってきました。

4時ごろに入院をし、そして、8時には出産を終えることができました。

経産婦にしては、安産だったと助産師さんに言われました。

しかし、夜中に2回目のおしるしが出た時、病院に電話するのが遅れていたら、自宅で出産していたかもしれないねとも言われ、ゾッとしました。

お産は、何度も妊婦の診察をされてきた先生でさえ予測することが難しいのだと思いました。

関連記事:予定日前だけど「おしるしの知らせ」で心構えができた! 歩いて病院へ行きそのまま出産

f:id:akasuguope01:20170728192941j:plain

著者:tatto

年齢:27歳

子どもの年齢:11歳、8歳、1歳、妊娠24週目

男の子ばかりで賑やかな家庭です。三男が生まれてから、長男は面倒見がよくなり毎日のように遊んでくれています。これからの成長が楽しみです。

最近の趣味は、離乳食の創作料理にはまっています。何でも、良く食べていた三男が好き嫌いをしだしたので、あの手この手で毎日苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

妊娠予定日5日過ぎておしるしが…
恐怖の内診グリグリ
おしるしのおしるし?!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。