ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

期間限定『じゃがりこ チェダー&サワークリーム味』は、チーズ強めでドリンクやお酒と相性ばっちり!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

秋はお菓子がおいしい季節! 新発売の『じゃがりこ チェダー&サワークリーム味』は、水彩画風のストライプをベースにしたグリーンの爽やかなパッケージデザインで陽気に新登場。

10月23日は「じゃがりこの日」!

カルビー「じゃがりこ」は、こどもから大人までみんなに大人気のポテトスナック。遠足やパーティなど様々なイベントに欠かせないお菓子だ。そんなじゃがりこが誕生したのは1995年10月23日。この発売日を記念して、今年は全国4箇所(東京・大阪・福岡・札幌)で「じゃがりこパーティー」の開催が決定!(参加募集はすでに終了) 今話題の女子高生シンガーソングライター・足立佳奈さんが「じゃがりこの日」大使に就任し、ブランドサイトやSNS上ではすでに盛り上がりを見せている。

 

そんなおめでたいバースデーシーズンに期間限定で販売されているのが、こちらの『じゃがりこ チェダー&サワークリーム味』(52g・参考価格税込約150円・2017年9月11日発売)。濃厚なチェダーチーズと酸味のあるサワークリームのコラボレーションという、食べる前からおいしい予感がする新風味だ。2017年12月上旬までの発売だから、今のうちにチェックしておこう。

じゃがりこといえば、お決まりのダジャレ! 今回は”サワーやかで、チェダーい好き”という少々無理を効かせた言葉のチョイス。牛の着ぐるみを着たキリンが大草原で心地よさそうにしているイラスト付き。

ほんと、毎回ダジャレを考えるの大変だろうな。

 

そしてじゃがりこならではの「デザインバーコード」もお忘れなく。こちらはバーコードをステージにして、ドラムセットを叩くキリン。「サワーがしいね!」とブラックキリンに叱られている様子。バーコードのシリーズの中には、これでよく読み取れるなと思うほど巧みなデザインのときもあるが、今回はわりとシンプルにデザインされていた。

『じゃがりこ チェダー&サワークリーム味』の味は? 実際に食べてみた!

「じゃがりこ」といえば、毎月のように新風味や期間限定風味が登場するめずらしいブランド。新発売の『チェダー&サワークリーム味』は、2013年9月に発売していた「サワークリームオニオン味」にチーズがプラスされた風味であると思われる。

原料はメインのじゃがいもに加え、ミルクパウダー、チェダーチーズ、チェダーチーズパウダー、サワークリームチーズ、オニオンパウダーなど。クセのない風味とコクのある味わいで世界中で人気のチェダーチーズは、日本人にとっても食べやすいおなじみの味だ。

カップのフタを開けると、すでにチェダーチーズの香りがいっぱい! スティックにはチーズのつぶつぶも見え、かなりチーズが強い印象。

さっそく1本食べてみると、チーズの濃厚な味わいに隠れてサワークリームの酸味を感じる。やはりチーズの味がかなり濃い。噛めば噛むほどチーズの香りが口の中に広がる! サワークリームの酸味があるので、チーズでこってりしているわりには後味のスッキリ感があった。

 

純粋なサワークリーム味を求めてしまうと物足りないかもしれないが、チーズの香りとほのかな酸味の両方を味わえるので1カップ全部食べても飽きない味わいだった。炭酸飲料によく合い、ワインなどの濃い味わいのお酒にもよく合う。また、砕いてサラダに振りかけるとシーザーサラダのようになってカリカリ食感がおいしいのでおすすめ。

カルビー『じゃがりこ チェダー&サワークリーム味』はスーパーやコンビニエンスストアなど全国で発売中。12月上旬までの期間限定・数量限定発売。1カップあたり258kcal。午後のおやつに、おでかけのお供にぜひ。

 

カルビー じゃがりこ チェダー&サワークリーム 52g×12個
カルビー じゃがりこ チェダー&サワークリーム 52g×12個

 

関連記事リンク(外部サイト)

『カルビー じゃがりこ 枝豆しおバター』ビールによく合う真夏先取りのおつまみ系新味を食べてみた!
『じゃがりこ しあわせ梅』”4あわせ”ブレンド生地で甘じょっぱさが後からじゅわじゅわ来る期間限定新味!
『じゃがりこ 赤いコンソメ味』おばけに赤く染められた、コンソメ味のハロウィンじゃがりこ!
おかえり『じゃがりこ アボカドチーズ』復活販売!噛むほどにアボカドのまろやかな甘さが押し寄せる!
バレンタイン限定『じゃがりこ 塩味』甘いものが苦手な男性にはこれを渡せば間違いない!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。