ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【Interview】グッドデザイン賞受賞!ハイセンスなIoTスイッチ、その開発の秘密に迫る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
IoTを活用するオフィスが、最近急速に増えつつある。ドアの開閉やセキュリティ、会議室の予約など、事例も多彩。社会的な関心度と相まって、導入企業は、今後さらに増加すると予測される。

その中から今回は、オプテックス社の製品にスポットを当てたい。同社が開発したワイヤレス在室検知センサー・スイッチには、光や押す力で発電するエナジーハーベスト技術を搭載。配線や電池交換は不要。設置場所の制約もなく、オフィス内のさまざまな場所で使用可能だ。

注目すべきは、何と言ってもその外観。本年度グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュなルックスも、本品を語る上で欠かせない要素となっている。

取材に応じてくれたのは、IoS事業開発部の河相 長流(かわい ながる)氏。製品開発の経緯から今後の展望まで、じっくりと語ってもらった。

・長年培ってきたセンシング技術を生かし、開発

Q1:まずは、このような製品を開発したきっかけから、お聞かせください。

弊社は長年、防犯、自動ドア、産業分野等に特化したセンサーを開発・製造してきました。(将来は)IoTによって世の中の仕組みが変わり、新たなソリューションや、ビジネスの変化が起きると予測し、4年前から製品開発に取り組み始めたのです。

その第一弾製品が、在室検知センサーとロッカースイッチです。新たな市場としてIoT化が進むビルオートメーション市場で、弊社が長年培ってきたセンシング技術が生かせると考え、製品化に至りました。

Q2:本品は、どのような場面で活躍しているのでしょうか。実際の導入事例を、お聞かせください。

代表的な活用例は、センサー検知で自動的に照明・空調をオンにし、センサー非検知によって、自動的にオフするという照明・空調制御です。

無線式(ワイヤレス)なので、有線式よりも施工コストを大幅に削減できますし、フリーレイアウト、メンテナンスフリーを実現します。最近では、予約された会議室が利用中かどうかを把握する目的で、在室検知センサーが使われています。

・滑らかな質感と心地よいクリック感を実現

Q3:グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュな外観。デザインには当初から、こだわりがあったのでしょうか?

センサー機器の検出精度が満足できないと、ユーザーに提供するサービス品質を低下させてしまいます。弊社では、センサーを利用したいシーンにおける最適なセンシングアルゴリズムや、設置環境・設置場所の構造などを把握した上で、信頼性の高いセンサー機器として、世に出すことをモットーしています。

在室検知センサー・スイッチは、ビルオートメーション向けとしては後発ですが、この考え方をコア思想とし、そこに外観の洗練性を加えました。

スイッチは利用者のインターフェースとなるため、利用者に快適な感覚を提供する必要があります。そこで、無意識に押すという行為を認知できるよう、大きくカーブした全面スイッチを採用しました。また、利用者がスイッチを押す際の違和感をなくすため、滑らかな質感と心地よいクリック感を重視しています。そうした工夫で、従来のスイッチと差別化しています。

Q4:これからも、IoT関連の商品は開発されていくのでしょうか。今後の展開について、教えてください。

IoT市場が拡大する中で、多様なセンサー需要が増加すると予想しております。今後も、新たなサービスやソリューションで、お役に立てるセンサーを開発していく所存です。

挙げてもらった事例の他、フリースペースのマネジメントや、トイレの使用状況管理など、さまざまなシーンでの活用が見込まれる。流行のシンプル系オフィスにも、違和感なくマッチ。まずはサイトで、そのビジュアルを見てほしい。(取材・文 乾 雅美)

在室検知センサー・スイッチ

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。