体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【夫婦のチームワーク番外編】担当ライター・さくらが夫と対談してみました

【夫婦のチームワーク番外編】担当ライター・さくらが夫と対談してみました

子育て中の家族が楽しく暮らすには、家事や育児を上手に分担したり、お互いの仕事を励まし合ったり……夫婦の自然な支え合いが欠かせません。家事や育児を“自分ごと”として取り組む男性に、妻とのパートナーシップや家事・育児に対するスタンスについて伺います。

夫婦の“チームワーク”について、男性の視点からお話を聞かせてもらってきた本連載。
そもそもこの企画がはじまったのは、私自身が子育てや仕事について、夫の支えなくしては成り立たないと感じているから、でした。同じように助け合っている夫婦のお話を聞いて、普遍的なヒントを見つけ、出産や育児を不安に思っている人たちに届けたい、と思っています。

そこで今回は編集部のみさきちゃんを進行役に迎え、企画のヒントになった我が家の夫・裕信(ゆうじん)にインタビュー。妊娠時から現在に至るまで、どんな気持ちで家族と向き合っているのか。1歳7ヶ月の息子をどんなふうに育てているのかを、ざっくばらんに話してみました。
【Couple’s DATE】
平田裕信(29歳)建築設計事務所 勤務/さくら(30歳)フリーランス ライター
 

大学サークルの先輩・後輩から6年間交際ののち、2013年に結婚。それぞれ仕事が楽しくて、ついやりすぎてしまう。

 

人生経験としておすすめの『妊婦検診』

――大学時代からお付き合いを始め、結婚して3年で妊娠。その前後はどんなことを考えていたんですか?

裕信:お互いにバリバリ仕事をしていたし、二人でいるのも充分楽しかったので、ものすごく積極的に子どもを作ろうと思っていたわけではありませんでした。でも、ある程度は仕事の感覚もわかり、夫婦の関係も落ち着いていて……そろそろ子育てという次のフェーズにいってみようと、二人で同じタイミングに感じていたような気がしています。

実際に妊娠してからは、僕はひたすらサポート。つわりもほとんどなく順調でしたが、やっぱり体がしんどそうで……だからできるだけ毎日、頭や腰のマッサージをしてあげていました。あと、仕事はどうしても本人がやらなくちゃいけないから、代わりにできる家事はだいたい僕がやるようにしていましたね。

さくら:妊婦検診もほぼ毎回付き添ってくれたよね。大きな病院に通っていたから待ち時間が長くて、退屈だったので助かりました(笑)。結果的にエコーを見るくらいしか男性のすることはなかったけど、初めての妊娠の経過を共有できたのはよかったと思う。

裕信:うん、人生経験として面白かった。検診の日は二人でおいしいものを食べに行くって決めてたから、それも楽しみだったな。子どもが生まれたら行けないお店も出てくるだろうから、最後にランチデートをたくさんしておこうと思ったんですよね。

 

仕事も子育ても、持続的に楽しむための仕組み

――産前産後で生活が変わることについては、話し合いなどしていましたか。

裕信:生活が変わる不安はもちろんあったけれど、いままでもうまくいっていたし、産後もなんとか工夫してやっていけるんじゃないかな、と思っていました。ただ、さくらさんはフリーランスだから、産休も育休もない。そんな状況で、お互いにやりたい仕事を続けていくためにはどうすればいいか、という話し合いはたくさんしていましたね。ベビーシッターを頼むとか、母に助っ人をお願いするとか、いろいろプランを考えたりして。

――たとえばそのために、育児休暇などは取得したんですか?

裕信:さくらさんが産院を退院してくる日から、1週間だけ取りました。2ヶ月休んだりもできたけれど、その前後に仕事のしわ寄せがいったら意味がない。最初だけ長期休暇をとるよりも、ずっと定時で帰ってくるほうが、持続的に子育てができるという話になったんです。

だから、まずは育児の慣らし運転のために1週間休む。それ以降は普通に出社して、毎日20時目標で帰宅することにしました。それまで好きなだけ仕事をしていたので時間のやりくりは大変ですが、なんとか凝縮してやってますね。

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。