体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高熱でダウン寸前なのに人に頼れず自分を追い詰めていた。〜思い込みを事実から切り離す方法〜 by うだひろえ

こんにちは、うだひろえです。 前回のエピソード:ママの「イライラマトリックス図」で自分の感情の出所を把握してみた! by うだひろえ

育児中のイライラを減らすことはできるようになってきたけど、どうにもこうにも、「もうダメだ逃げたい」という絶体絶命状態が避けられない時がありました。

それは、私が発熱した時。

大抵は、先に家族の誰かが体調が悪く、私が看病に追われて、疲れ切った時になります。

通常の家事育児仕事に加えて、看病という重要タスクが加わるのですから、疲れるのは当たり前で、あらかじめ注意が必要なんですよね。

この日は、息子イチオが発熱。ママ友は下の子預かろうかと言ってくれたけどそれも申し訳ないし、夫は仕事で遅くなるとの連絡、実母は「私の頃はもっと大変で…」と昔話。

どんどんネガティブな気持ちになっていき、気づいた時には、寒気がゾゾゾ……。

f:id:akasuguedi:20171018110711p:plain f:id:akasuguedi:20171018110723p:plain f:id:akasuguedi:20171018110740p:plain f:id:akasuguedi:20171018110752p:plain f:id:akasuguedi:20171018110806p:plain

追い詰められた時、頭の中で言葉を文字にして、情報化してみます。

事実だけを客観視する、もう一人の自分が、現れる感じです。

その人に「どうしたい?」と聞かれて答えると、「休みたい」……自分の【希望】がはっきりします。

「できそう?」と聞かれると、「ムリ!」と答え、「だって、あーだしこーだし」と、ムリな理由を並べ立てます。

そこで出てきたムリな理由。

「ほんとうに?」

一つ一つ、【反証】してみます。

そうすると、【希望】が、ムリなものではないように思えるんですよね。

f:id:akasuguedi:20171018110917p:plain

こうして、【事実】から、【勝手な思い込み】を切り離すことで、モノゴトが、人づきあいが、とてもスムーズになることを感じました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。