体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

育児、仕事、ボクシング。三足のわらじを履く“戦うシングルマザー”「勝って、娘をリングに上げたい!」――初代日本女子プロボクシングバンタム級王者・吉田実代の仕事論

プロボクサーとして、インストラクターとして、そしてシングルマザーとして。三足のわらじを履く女性格闘家がいる。その名は吉田実代。10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで勝利し、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。しかしこれまでの道のりは決して平坦なものではなかった。プロ格闘家の夢は叶えたが、なかなか納得の行く結果が出せない日々。そしてプライベートでは結婚、妊娠、離婚。さまざまな苦難を乗り越え、新たな歴史の1ページを作った戦うシングルマザーの生き様に迫った。f:id:k_kushida:20171017193353j:plain

吉田実代(よしだ・みよ)

EBISU K’s BOX所属のプロボクサー。1988年、鹿児島市生まれ。20歳の時、ハワイに格闘技留学。帰国後、キックボクシング、総合格闘技、シュートボクシングなどに参戦し、2014年ボクシングに転向。デビュー戦後に妊娠、結婚。出産のブランクを経て、2016年復帰。2017 10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで高野人母美と対戦。3-0の判定で勝利、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。ボクシングでの戦績は9戦8勝1敗。東洋太平洋スーパーフライ級1位。日本バンタム級チャンピオン。育児、仕事、ボクシングの“三足のわらじ”を履く戦うシングルマザーとして注目を集めている。

これまでのすべてが報われた勝利

──先日の高野人母美選手とのタイトルマッチでの勝利、おめでとうございます。リングアナウンサーから「勝者、吉田!」とコールされた瞬間、顔をくしゃくしゃにして号泣していたのが印象的でした。

もう涙が自然と溢れて止まらなくて(笑)。しばらくずっと泣いてましたね。みんなに「おまえ、どんだけ泣くんだ」って言われたんですが、泣くことしかできなかったですね。

──どんな気持ちだったのですか?

これまでやってきたことが全部報われたなという思いです。10年前、ハワイに行って初めて格闘技を始めた時のことから、帰国して始めたキックボクシング、総合格闘技でのプロデビュー、また立ち技に戻って絶頂期のタイミングでのボクシングへの転向。さあこれからボクシングでチャンピオンを目指すぞという時の結婚、妊娠、離婚、引退決意、復帰など、これまでの格闘技人生、よかったことも悪かったことも、成功も失敗もいろんなことがあったけど、全部ひっくるめて、報われた気がしました。ああ、これまで頑張ってきてよかったと。

ジムの会長や周りの皆さんにこれまでさんざん迷惑をかけてきたので今回チャンピオンになれたことでちょっとだけ恩返しできたかなと。ほっとしました。f:id:k_kushida:20171017193440j:plain

▲試合後、愛娘の実衣菜ちゃん(2歳)をリングに上げ、喜びを噛みしめた吉田選手

──試合の2日前にインタビューさせていただいた時、勝って娘さんをリングに上げたいと言っていたので、それが現実になったシーンを見てこちらも胸が熱くなりました。

そのインタビューに答えることでこれまでのことを思い出して、改めて絶対勝たなきゃと気合いが入ったのでよかったです(笑)。

これまで、娘はまだ小さいし泣いたりするといけないので試合会場には連れて来ずに、東京ドームホテルの託児所に預けていたんですが、今回のタイトルマッチは勝って娘をリングの上に上げたいと思って、ジムの会員さんに連れてきてもらいました。それもあってますます勝たないといけないと思っていただけに、勝ててよかったです。

プレッシャーを闘志に変えて

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。