体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LACCO TOWER主催のロックフェス『I ROCKS 2018』開催決定

LACCO TOWERが、昨年に引き続き5回目となる主催ロックフェス『I ROCKS 2018 stand by LACCO TOWER』の開催を発表した。日程は3月30日(金)、31日(土)、4月1日(日)で、初の3日間通し開催となる。会場は例年同様、彼等の地元にある群馬音楽センター(高崎市)にて行われる。
『I ROCKS 2018』ロゴ (okmusic UP's)

また、『I ROCKS 2018』の超先行チケットは、高崎clubFLEEZにて、10月21日(土)、22日(日)に群馬最速手売りとして発売される。初の3日間通し開催に加え、今回は、I ROCKS プレミアムチケットや、家族連れでも楽しめるように小学生チケット、中高生チケットも用意されている。

そして10月22日には、高崎clubFLEEZにて、超先行チケット購入者限定イベント、株式会社アイロックス 株主総会の開催も発表した。LACCO TOWERメンバーも全員参加し、事業報告、社員のパワーバランス等、悪ふざけを大真面目にやるというトンデモ企画だ。 この株主総会の模様は、Ustream(ユーストリーム)にて、全国に生配信されるので、“株式会社アイロックス株主総会の模様をどうしても見たい!でも群馬までいけない!”という方も、超先行チケットを手に入れた方であれば生配信を見ることが出来る。

■『I ROCKS 2018』チケットの詳細

http://eplus.jp/iI ROCKS2018ep/

■I ROCKS 2018オフィシャルサイト

http://iI ROCKS.jp/2018/

■LACCO TOWERオフィシャルHP

http://laccotower.com/
【LACCO TOWER Ba. / 株式会社アイロックス代表取締役社 塩崎啓示 コメント】

一年に一度、みんなが帰って来られる「家」のような場所、それがI ROCKSです。

I ROCKSが始まってから4年、そしてLACCO TOWER15年の活動の中で、 僕たちを支え、どうしようもないくらい落ち込んだ時も、いつも温かく迎えてくれたのが群馬という愛すべき故郷でした。人と人の繋がりを大事にすることを教えてくれたのもここ故郷群馬です。

今年4月に開催されたI ROCKS 2017。回を重ね、より深く、より身に染みて見えてくるものもあり、これまでの開催の中でも一番きつく苦悩の連続での開催でした。そこでもまた、I ROCKSを応援してくれるみなさんやスタッフからの支えに何度も救われました。忘れることのできない光景は、いざステージに立った時の、最後鳴り止まない拍手でした。あの瞬間、嬉しさと悔しさで涙がこぼれ、止めることができませんでした。あれほど大望を抱いたI ROCKSの舞台は初めての経験でした。

“目指すこと、挑むこと、越えること” 言い続けてきたこんなロックの定義も、続けないことには始まらない。開催後も、I ROCKSでもお馴染みのバンドが解散や活動休止などの報告を聞くことも多く、 いたたまれない気持ちでいっぱいになることも増えました。しかし、群馬の地で一定のロックな居場所を作り続けてきたからこそ、この事実を真摯に受け止めています。永遠なんてない、続けることが本当に簡単なことではないと痛感しました。

ただがむしゃらに走りきることだけに精一杯だった1年目、自分たちの進むべき道がはっきりと見えた2年目、内容も規模も前回より超えることが出来た3年目、同じように続けることが簡単ではないと痛感した4年目。過去4回の開催で、共通して誇れることは、他のどのライブでも見ることがない、特別な感情に満ちた空間であること。僕たちにとってもI ROCKSはまさに「家」であり、その「家」は、来てくれた、応援し続けてくれたみんなが作ってくれていたと気付けました。

I ROCKSもついに5年目の開催を迎えます。地域と密着したプロモーションを中心に展開することによって、I ROCKSを応援してくれる人や企業ともより深く繋がれ、開催する上での基盤も少しずつ強固になってきました。また、群馬県内だけでなく、全国からこの日のために駆けつけてくれる人も増えました。 こんな人たちこそが、僕たちの心の支えとなり、前に向かうための原動力になっています。だからこそ恩返しをしなければいけない。その決意を胸に、I ROCKS 2018では、もっともっと良いものを、さらに高みを目指し、過去最高を目指します。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。