体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これって本当にホテル…?アムステルダムで見つけたユニークなホテル4選

これって本当にホテル…?アムステルダムで見つけたユニークなホテル4選

中心街は運河で囲まれているアムステルダムの街。
景観を保つために、高層ビルは立てることはできないし、基本的には元々あった建物の内装をリフォームするのが一般的なようです。

そんなオランダの街からお届けします。どうもTABIPPOの篠原輝一(@ken10720)です。

オランダ・アムステルダムに来て2日目。昨日はBooking.com本社視察に行ってきましたが、今日はオランダのユニークなホテルやホステルを視察しに行ってきました。

日本人の価値観をぶち壊すようなユニークなアイディアが広がっており、個人的にはオランダのダッチデザインというものに非常に興味を持ちました。
少しでもそんなオランダのユニークなデザインやホテルについてお伝えできればと思います。
▼気になるホテルはコチラ
オーナーの遊び心が満載! 「HOTEL NOT HOTEL」
元シェルの本社をリフォームした「Clink Noord」
オランダの空間デザイナーたちがプロデュース「BOTEL」
オランダ特有の地形を活かした「プリンセンボート」

 
なおこれらは全てBooking.comで予約が可能なので、気になる方がいればぜひチェックしてみてくださいね♪

 

オーナーの遊び心が満載! 「HOTEL NOT HOTEL」

名前を見てすぐさま気付いた方もいるとは思いますが、ここは「ホテルっぽくないホテル」をコンセプトにされているホテル。
場所はAmsterdamの中心地にあるので、アクセス的にも申し分なし。

内観はとてもユニークなデザインで、館内全体がリビングルームのようで、多くのアート作品が展示されており、魅力的でした。

ここでは20程の部屋があるのですが、1部屋として同じ作りの部屋がないのが特徴。作った当時は若いデザイナー2人に任せて部屋のデザインなどもしたそうなのですが、ここ本当に部屋なの? と疑いたくなる程類を見ないユニークなホテルでした。

昔実際に走っていたトラムの中をリフォームした部屋

かつてアムステルダムの街を実際に走っていたトラムをリフォームしてホテルの部屋にしちゃったなんともおちゃめなお部屋。

本棚の裏に潜む秘密基地的な部屋

ここは2階建てなのですが、2階には大きな本棚があり、ガイドブックや洋書がたくさん置いております。「へえー普通におしゃれだなー」と思っていたら、なんと隠し扉が…!

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。